プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
11-13(金)

「壊れゆくひと」 島村洋子


どこにでもいる普通の人々、あたりまえの日常生活が私の周りで少しずつズレていく。してもいないミスをあげつらう“いい人”と評判の同僚。自分はアイドルの恋人だと言い張る子持ちの友人。顔も思い出せないのに恋人だと手紙を送ってくる男。狂ってしまったのは私なのか。それとも周りの人々なのか。現実と虚構の狭間から滲み出す狂気を描いたサイコ・ホラー。



<感想> ★★★☆☆

あらすじにあるサイコ・ホラーと島村洋子さんの作風が結びつきません

でしたが、とりあえず読んでみました。


さて、最初はフツーの人だと思っていたけど、つきあいが深まるにつれ

この人とはちょっと合わないかも・・と思うことは時々あります。 それは

あくまで主観的な要因ですが、それに客観的な要因が加わると、この人

ちょっとヘンな人かも・・
という考えに至ります。 主人公は、この人ちょっ

とヘンな人かも・・
に取り巻かれています。 


職場で自分の聖域を荒らされたと誤解する先輩OL。

芸能人とつきあっているという妄想を持つ年上の女性。

思い込みで付きまとう男。


それに翻弄される主人公のキャラクターは、島村さんの持ち味が存分に

活かされていますが、それぞれが持ちあわせる「静かな狂気」を描くさま

は、どちらかと言えば山本文緒さんのそれに近いものを感じました。 


ただ、これでサイコ・ホラーは成立しません。 

また、騙されちまったかもなどと思っていると・・・・・。

やっぱり怖かったです。


島村洋子さんの違う側面を味わいたい方におススメします。

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。