プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
11-08(日)

「いのちの初夜」 北條民雄


東京東村山の全生園で、24歳の生涯を終った著者は、生前、苦悩の彷徨を虚無へ沈まず、絶望によってむしろ強められた健康な精神を文学の上に遺した。入園後わずか3年の余命を保つのみであったが「文学界」に掲載された「いのちの初夜」は大反響を呼んだ。独英訳により、海外でも強い感動を与えている。




<感想> ★★★★★

作者の魂(たましい)にふれる。 私小説を評する際にしばしば使われる

言葉で、私自身もレビューの中で何度か使った記憶があります。 しかし、

それは本来使われるべき作品にのみに、使うべき言葉なのではないだろ

うか?本書を読んでそんなことを考えました。


さて、巻末の年譜によれば作者の北條民雄は大正三年九月某日、某県

に生まれたとなっています。 19才で、当時は不治の病として恐れられ、

差別の対象であったハンセン病を発病します。 彼のプロフィールが曖昧

なのはそのせいです。 ハンセン病療養施設の中で書いた小説が川端

康成
に見出され、表題作は第三回(昭和11年上半期)芥川賞にノミネート

されています。 重症患者の姿にわが身の行く末を想い、失明の恐怖に

怯えながら、ハンセン病をテーマにした作品を手がけます。


表題作は、彼が療養施設(多磨全生園)に入院した一日目の夜を書いて

います。 ストレートな表現で当時の院内の様子が描写されています。 あ

えて言葉を選びませんが、それは悲惨のひとことにつきます。 

そこに身を置くことになる彼が吐露する心情は鋭い刃となって読む者の

胸を抉ります。


現代作家の作品に慣れている身としては なぜここまで書かなければなら

ないのか?
という疑問と幽かな怒りのようなものが湧いてくるほどです。

しかし、冷静に考えるなら、それこそが70年以上前に夭逝した作家の魂

(たましい)に触れた証だったような気がします。
 

「しかし、吸入なんかかけても、やがて効かなくなるよ。 だが

まあ君の眼ならここ五年や六年で盲目になるようなことはないよ」

「五年や六年でか」私はあまりにも短いと思われたのだ。

「今のうちに書きたいことは書いとけよ」

彼は真面目な調子でいった。 私は黙ったまま頷いた。 
(眼帯記)


しかし、彼はこの文章を書いた一年半後に療養所で生涯を終えます。 

享年24。 作家としての活動期間はわずか三年でした。


表題作は「青空文庫」でも読むことが出来ます。

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「いのちの初夜」 北條民雄(11/08)

いのちの初夜、青空文庫で読んできました。

当時の療養施設の描写は壮絶ですね。同情など、彼らの前では役に立たないどころか傲慢にすら感じられます。

しかし、もっと絶望的な文章を想像していたのですが、逃げようの無い絶望の中にも、何かもっと力強い生命力のようなものを感じる文章でした。

 

Re:「いのちの初夜」 北條民雄(11/08)

青空文庫で読んできまーす!
紹介ありがとうございました。

 

てんてん(^^)/さん

こんばんはぁ~♪

>いのちの初夜、青空文庫で読んできました。

おつかれさまです。 横書きなんで読みづらいですよね・・(汗)

>当時の療養施設の描写は壮絶ですね。同情など、彼らの前では役に立たないどころか傲慢にすら感じられます。

すご~くストレートですよね。 加えて当時は差別が酷かったので患者さんたちの苦しみが胸に突き刺さります。

>しかし、もっと絶望的な文章を想像していたのですが、逃げようの無い絶望の中にも、何かもっと力強い生命力のようなものを感じる文章でした。

他の作品を読むと、絶望と希望の波が交互にやってくるという印象でした。 しかし、この作品がまだ残っているというのは何なんでしょうか?

 

cyn1953さん

こんばんはぁ~♪

>青空文庫で読んできまーす!
>紹介ありがとうございました。

とんでもないです。
次回はもうちょっと明るい作品を・・(汗)

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。