プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
10-24(土)

「塩壷の匙」  車谷長吉


吉祥天のような貌と、獰猛酷薄を併せ持つ祖母は、闇の高利貸しだった。陰気な癇癪持ちで、没落した家を背負わされた父は、発狂した。銀の匙を堅く銜えた塩壷を、執拗に打砕いていた叔父は、首を縊った。そして私は、所詮叛逆でしかないと知りつつ、私小説という名の悪事を生きようと思った。―反時代的毒虫が二十余年にわたり書き継いだ、生前の遺稿6篇。第6回三島由紀夫文学賞。芸術選奨文部大臣新人賞。


<感想> ★★★★☆

以前、どこかで「文学で身を持ち崩す」という言葉を目にしました。

本はあくまで娯楽と割り切っているいる私ですが、おそらくこんな

小説ばかり読んでいるとそうなるんだろうな・・と思います。


だったら読まないようにすればいいじゃないか!!って話なんだ

けど車谷作品とは波長が合ってしまったようで困ってます。


ある外国人が日本家屋の中にある独特の暗さが日本文化の魅

力だと言ってましたが、まさしくそんな感じの一冊でした。 


なんか、ぜんぜん感想になっていないんだけど、もう一冊買っ

ちゃったんだよね。 どうしませう・・・・。

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「塩壷の匙」  車谷長吉(10/24)

こんばんは。

>「文学で身を持ち崩す」おそらくこんな
小説ばかり読んでいるとそうなるんだろうな・・。

そうです。おかしをぼりぼり食べながら煙草を吸いながら、こんな小説ばかり読んでいると、身はでぶでぶに崩れてきますよ~。
次は何を買ったのですか?

 

読子さん

こんにちはぁ~♪

>こんばんは。

>>「文学で身を持ち崩す」おそらくこんな
>小説ばかり読んでいるとそうなるんだろうな・・。

>そうです。おかしをぼりぼり食べながら煙草を吸いながら、こんな小説ばかり読んでいると、身はでぶでぶに崩れてきますよ~。

ゲロゲロ!!どこかで私のこと見てますか??(笑)

>次は何を買ったのですか?

「赤目四十八瀧心中未遂」(←タイトル長いし)です。 さっき感想UPしました。 ボロアパートで暮らす面々がいいですね。 セイ子姉さんピカイチです。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。