プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
09-13(日)

「しをんのしおり」  三浦しをん


「漫画の王国」に生れた小説家の乙女な日常生活。バンドを追っかけ上方へ、愉快な仲間と朝まで語り、わきあがる妄想の楽園に遊ぶ…色恋だけじゃ、ものたりない!なぜだかおかしな日常はドラマチックに展開―日本の政局も、家族の事件も、人気のTVドラマも、考え始めたらいつのまにかヒートアップ!「読んで楽しく希望が持てる」、笑い出したら止まらない、抱腹微苦笑ミラクルエッセイ。


<感想> ★★★★★

カリスマという言葉があります。 

本書を読み終えて15分の私は、それこそが三浦しをんに最も相応しい

称号ではないかと思っています。 


さて、直木賞を受賞して不動の地位を確保したといっても過言ではない

三浦しをんさんですが、作品のジャンは多岐にわたります。 また、最

近ではマンガの評論でメディアに登場することが多いようにも思います。 

個人的には「傾向と対策」の立てにくい作家さんです。

それを踏まえてエッセイを手に取ったわけですが、読んでみると作家と

しての立ち位置や創作の原点は?という問いの答えが明確に記されて

います。 それは・・・

妄想。


その延長線上にしをん作品があると言われれば、私は素直にナットク

します。 それさえ理解していればBLも読みこなせるはずだっ!!な

どというムボウな考えさえ浮かんでくるほど、著者の妄想論は説得力が

あります。


漫画を読み込んでいる方なら十二分に楽しめると思いますが、そうで

なくても妄想生活の片鱗に触れることは可能です。 妄想なんていう

とやたらマニアックな印象がありますが、妄想生活をはじめたなら人

生は3倍ぐらい楽しくなるはずです。 


しをんファンはもちろんのこと、なんか最近ストレスで・・という方に強く

おススメします。 妄想生活万歳!!


※爆笑系なので電車の中で読むのは危険です。 

 私は高倉健の日常がツボでした。

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「しをんのしおり」  三浦しをん(09/13)

おもしろそうですね~。最近身近に笑える事件が起こらないので、これで楽しませてもらおうかしら(^^)

 

Re:「しをんのしおり」  三浦しをん(09/13)

こんにちはー☆
妄想生活万歳!万歳!万歳!
くっだらないことをよくここまで考え抜くことができるよなぁと思ってたんですが、
そうか、そういう妄想の延長にしをんさんの作品があったのか…

 

hamutanさん

こんばんはぁ~♪

>おもしろそうですね~。最近身近に笑える事件が起こらないので、これで楽しませてもらおうかしら(^^)

激おススメな一冊です。 読めば充実した毎日が送れるはずです。(たぶん)

 

まる811さん

こんばんはぁ~♪

>こんにちはー☆
>妄想生活万歳!万歳!万歳!

さらにもうひとつ万歳!!

>くっだらないことをよくここまで考え抜くことができるよなぁと思ってたんですが、
>そうか、そういう妄想の延長にしをんさんの作品があったのか…

おぉ~まるちゃんもお読みになっていましたか♪
今日から同志ですな(笑)
なんか創作の原点は妄想なのではないか!!という結論に至りました。 

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。