プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
09-09(水)

「29歳」 山崎ナオコーラ・栗田有起 他



29歳女性を主人公に流行作家8人が競作!
仕事、会社、家族、恋、結婚、出産…微妙に揺れ動くアラウンドサーティーの女性の実感をリアルに紡ぎ出し「日経WOMAN」だからこそ可能にした異色の小説アンソロジー。




<感想> ★★★★☆

本書は「日経WOMAN」の掲載小説を書籍化したものです。

著者は山崎ナオコーラ/柴崎友香/中上紀/野中柊/宇佐美游/

栗田有起/柳美里/宮木あや子
の各氏です。


さて、掲載誌の「日経WOMAN」は働く女性をターゲットにした雑誌です。 

そのせいか読者に媚びるとまではいいませんが、かなりそれを意識して

いて主人公は働く独身女性という縛りがあるようです。 


栗田有起さんと山崎ナオコーラさんに心を惹かれて読んでみましたが、

このお二人が得意とするのは、波間を漂っているような女性キャラを主

人公にした作品です。 このテーマは作家の持つ個性を充分に発揮す

るにはちょっとキビしいのかなぁ~というのが正直な感想です。 しかし、

読み込んでいくと文章や主人公の言動にそれぞれの作家の個性やメッ

セージを感じ取ることができます。 二度三度読んで、そのあたりの「発

見」をするのも楽しみのひとつかもしれません。 


8作の中では、テーマを強引に自分の世界に引っ張り込んでいる中上

さん(←中上健次の娘さんです)の『絵葉書』がピカイチでした。 


アラサーの女性が手に取ることが多いと思いますが、どの作品を読ん

でも十九歳でも三十九歳でもない、二十九歳でしか感じることのでき

ない独特の揺れを表現しているので、他の世代の方でもそれなりに楽

しめると思います。


関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「29歳」 山崎ナオコーラ・栗田有起 他(09/09)

こんばんは!
栗田有起さんは私も期待して読んだのですが、「縛り」の為かいつもと少し違った栗田有起ワールドでしたね。

私も中上紀さんの作品が一番印象に残りました!私はあまり旅(旅行?)をしない為か、主人公の流れるような生活にちょっとだけ憧れたりもします。

 

ぷるんつさん

こんにちはぁ~♪

>こんばんは!
>栗田有起さんは私も期待して読んだのですが、「縛り」の為かいつもと少し違った栗田有起ワールドでしたね。

本好きにとってはメジャーどころでも、連載当時にバリバリ稼いでいたのは柳美里さんと野中柊さんぐらいだと思います。 「このテーマで何枚ね!!」みたいな強者と弱者の関係があるのかなぁ~なんて余計なことを考えちまいました。

>私も中上紀さんの作品が一番印象に残りました!私はあまり旅(旅行?)をしない為か、主人公の流れるような生活にちょっとだけ憧れたりもします。

「夢」にすがってしまう主人公の「痛さ」がなんとなく理解できました。 流れるような生活に憧れるのは
日本人の誰しもが持っている「寅さんDNA」のせいだと思われます。(笑)

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。