プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
09-07(月)

「アンフィニッシュト」  古処誠二


東シナ海に浮かぶ伊栗島に駐屯する自衛隊の基地で、訓練中に小銃が紛失した。前代未聞の大事件を秘密裡に解決する任務を負い、防衛部調査班の朝香二尉とパートナーの野上三曹が派遣される。通信回線というむき出しの「神経」を、限られた人員で守り続ける隊員達の日常。閉鎖的な島に潜む真犯人、そして真実はどこに。



<感想> ★★★★☆

ここ数回、直木賞にも顔を出すようになった古処誠二さんは元自衛官。

私と同世代(70年生まれ)にも関わらず、太平洋戦争を舞台にした作品

を数多く手がけています。 文章力のある作家さんですが、やはりテー

マがテーマだけに作品自体はとてもヘビィ(重い)です。 戦中派の直木

賞選考委員のセンセイからはリアリティーが・・なんて言われちゃってま

てますが、実際の戦争を知らない世代が、どのようなカタチで次世代に

それを語り継ぐのか?という点では注目に値する作家だと思います。


さて、本書の舞台は現代の航空自衛隊です。 事件を調査する二人の

自衛官のキャラが柔らかいので、コミカルとはいえないまでも他作品と

比べると格段に読みやすいつくりになっています。 かつて現場の自衛

官だった経験を十二分に活かして語られる自衛官の日常やホンネは、

かなりリアルなのではないかと想像されます。 また、それらを昇華させ

て物語の核としている点は見事です。


後半に出てくるエピソードを興味深く読みましたが、これをひとつのエピ

ソードとしてしまうのはもったいないような気がしました。


自衛隊って実際のところどうよ?とお考えの方や自衛隊に入隊したい

んだけど・・・・
という方に強くおススメします。


関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「アンフィニッシュト」  古処誠二(09/07)

こんにちはー☆
自衛隊には特に入隊希望ではないですが、読んでみたいです~。
古処さん、元自衛隊だったんですか!なんかすごくリアルな感じですね。
ちなみにこの本てミステリーですか?
ミステリーの形をとりつつ戦争を語る…みたいな感じですかねぇ…?
チェックしてみます~♪

 

まる811さん

こんにちはぁ~♪

>こんにちはー☆
>自衛隊には特に入隊希望ではないですが、読んでみたいです~。

私は自衛隊に入りたくなったので、先日体験入隊を申し込んできました。 まるちゃんも一緒に朝霞に行こう!!

>古処さん、元自衛隊だったんですか!なんかすごくリアルな感じですね。
>ちなみにこの本てミステリーですか?
>ミステリーの形をとりつつ戦争を語る…みたいな感じですかねぇ…?
>チェックしてみます~♪

一瞬の隙をついて銃が無くなった・・
犯人は誰?銃はどんな方法で?あたりはミステリーっぽいけど、その背景が自衛隊絡みです。 

とにかくこの人の他の作品はメチャ重いんだけど、この作品はエンターテイメントって感じでサクサク読めると思います。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。