プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08-13(木)

「あぽやん」  新野剛志


遠藤慶太は29歳。大航ツーリストの企画課から成田空港支所に「飛ばされて」きた。遠藤は「ぜったいあぽやんにはならないぞ、本社に返り咲くぞ」と心に誓うが―。再入国許可のない日系ブラジル人少女をめぐる駆け引き、絶対に出発しようとしない老婦人の秘密、予約が消えて旅立てない新婚夫婦をどうするか?空港で起こる旅券やチケットのトラブルを解決し、旅客を笑顔で送り出す「あぽやん」たちのカウンター越しの活躍を描く。


<感想> ★★★☆☆

ちょっと変わったタイトルの本書は第139回直木賞にノミネートされました。 

著者の新野剛志さんは『八月のマルクス』江戸川乱歩賞を受賞している

作家さんです。 ちなみに139回の直木賞受賞作は井上荒野さんの『切羽

へ』
でした。 受賞を逃したものの『のぼうの城』がベストセラーになった回

です。


さて、タイトルのあぽやんとは、旅行会社のAIRPORT(空港)担当者を指す

業界用語です。 ひと昔前なら、空港勤務といえば華やかなイメージがあっ

たと思いますが、コストカットの波はそんな職場をも変貌させました。 本書

は、国内最後の砦として利用客をサポートするあぽやん達の活躍をコミカ

ルに描いています。 かつて、旅行会社に勤務していた著者は知識や経験

をフル動員してエピソードのひとつひとつを組み立てているように思います。 

文章も平易でサクサク読み進めることができます。 ただ、小説として読む

と予定調和の域を出ていないというのが正直な感想です。 


空港の仕事に興味があるという方、お盆で空港を利用してあぽやん達の仕

事を身近で見たよ。とおっしゃる方なら充分に楽しめるのではないかと思い

ます。


関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。