プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07-19(日)

悲しい更新


昨夜(土曜)時間が出来たので、眠い目を

こすりながらパソコンをパチパチ。 

深夜更新で注意しなくてはならないのはメンテです。 

基本は3時からなので、2時45分に仕上げてUPしたら・・・・

昨夜のメンテは2時からだったようです。

もちろん全部消えちまいましたとさ。  

悲しいので、そのまま不貞寝しました。

時間があれば更新しますが、読書メーターに簡単な感想を

書いてあるので、興味のあるかたは↓を・・

きたあかりの今読んでる本

『初恋温泉』はケイプコッドさん。

『花宵道中』はぷるんつさん。

お二人の感想を拝見して読んでみました。

いつもながらありがとうございます。


そうそう。

いまさらながらですが、北村薫さん直木賞を受賞できて

ヨカッタですね。 私自身も胸のつかえが取れたような

気持ちになりました。 

受賞おめでとうございます。



文藝春秋・各賞の紹介
関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:悲しい更新(07/19)

こんばんは!
「花宵道中」読まれたんですね。
艶っぽい表紙が素敵な本ですよね~。遊女と言えば「吉原炎上」の私としては、あんまりどろどろしてなくて読みやすい作品でした!

それにしても、北村さん受賞出来て良かったですね~。私も何故だかほっとしました。

 

Re:悲しい更新(07/19)

それは悲しい更新です。。。
でもメンテ中でも日記は書けるの~?
「喋々喃々」は図書館でやっとまわってきました。一週間のうちに取りにいかなくちゃ。
私もきたあかりさんのレビュー、いつも参考にさせていただいてますよ。ありがとう。

 

Re[1]:悲しい更新(07/19)

ぷるんつさん
>こんばんは!
>「花宵道中」読まれたんですね。
>艶っぽい表紙が素敵な本ですよね~。遊女と言えば「吉原炎上」の私としては、あんまりどろどろしてなくて読みやすい作品でした!

たしか「吉原炎上」って五社英雄監督ですよね?観てないけどスゴそうだなと想像はついちまいますぜ!
いつもながら、ぷるんつさんの目のつけどころはいいですよね。 これからもいい本を紹介してくださいませ。

>それにしても、北村さん受賞出来て良かったですね~。私も何故だかほっとしました。

そうですよね。選考委員に名を連ねている宮部みゆきさんあたりもホッとしているかもしれません。

 

ケイプコッドさん

こんばんはぁ~♪

>それは悲しい更新です。。。
>でもメンテ中でも日記は書けるの~?

12時半ごろからログインしてそのままだったので、メンテ中でもそのままだったんですよ。 久しぶりに泣きたくなりました。

>「喋々喃々」は図書館でやっとまわってきました。一週間のうちに取りにいかなくちゃ。
>私もきたあかりさんのレビュー、いつも参考にさせていただいてますよ。ありがとう。

こちらこそお世話になりっ放しです♪
『初恋温泉』高校生カップルが温泉に行く話しが初々しくてヨカッタと思いませんか?

 

Re:悲しい更新(07/19)

こんばんは!
北村さんおめでとうございました。
やっとですね。個人的には「ひとがたながし」でとってほしかった。
私はインターネットエクスプローラー8に換えてからやたらエラーがおきるようになりました。
交信中にエラーでとぶと情けない気分になりますね。

 

cyn1953さん

こんにちはぁ~♪

>こんばんは!
>北村さんおめでとうございました。
>やっとですね。個人的には「ひとがたながし」でとってほしかった。

そうですね。 「ひとがたながし」は北村薫さんが最も読者を意識して描いた作品なのではないかと思います。 

>私はインターネットエクスプローラー8に換えてからやたらエラーがおきるようになりました。
>交信中にエラーでとぶと情けない気分になりますね。

ウチの奥さんのパソも8に変えたら調子悪いようです。 XPとは相性がイマイチという話なんだけど、大半はXPユーザーなんだからヲイヲイ・・ですよね。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。