プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
06-26(金)

Billie Jean


1980年12月8日 

中学生だった私は、なぜ世界中が一人のミュージシャンの死をいっ

せいに嘆き悲しんでいるのか理解が出来なかった。


2009年6月26日

29年前、なぜ世界中がJohn Lennonの死を嘆き悲しんでいたのか

私は理解することができた。


「キング・オブ・ポップ」の早すぎる死は悲劇以外のなにものでもない。 

しかし、それを理解することができた私は幸せなのかもしれない。

なぜならそれは、天賦の才能を持つ偉大なミュージシャンと時代を共

有したものだけに与えられる特権だからである。




関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:Billie Jean(06/26)

本当に今日は衝撃的なニュースで1日が始まりました。彼の大ファンというわけではありませんでしたが、彼の音楽をリアルタイムで聞き青春時代(?)を過ごした同世代なので、非常にショックでした。
King of Pops 彼を超えるミュージシャンはこの先なかなか現れないのではないでしょうか・・・。

 

読書人・ゆきさん

こんばんはぁ~♪

>本当に今日は衝撃的なニュースで1日が始まりました。彼の大ファンというわけではありませんでしたが、彼の音楽をリアルタイムで聞き青春時代(?)を過ごした同世代なので、非常にショックでした。

まだ年齢的に若かったせいもあるんだけど、マイケルは死なないんじゃないか?という思い込みのようなものがありました。 そのせいか昨日の朝の一報はショックでした。

>King of Pops 彼を超えるミュージシャンはこの先なかなか現れないのではないでしょうか・・・。

ある音楽評論家がマイケルの背景にはアメリカの国力があったなんて言い方をしていました。 それを踏まえると彼以上のアーティストの再来は難しいかもしれません。 ただ、残された人生の中でもう一人ぐらい
ビッグスターを見てみたい気もします。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。