プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
05-22(金)

「時が滲む朝」 楊逸



第139回芥川賞受賞作 日本語以外の言語を母語とする作家は史上初!
梁浩遠と謝志強。二人の中国人大学生の成長を通して、現代中国と日本を描ききった力作。『ワンちゃん』に次ぐ期待の新鋭の第二作!


<感想> ★★★★☆

本書は前作が芥川賞候補になった時、日本語以外の言語を母国語とする

作家としてメディアで盛んに取り上げられた楊逸さんの芥川賞受賞作です。 

それを踏まえて、あちこちのレビューサイトで日本語表現が未熟であるとい

うニュアンスのコメントを見かけます。 同じ条件で芥川賞候補になったデビ

ット・ゾペティ
さんの作品を読んでも言えることですが、その正体は作家の未

熟さではなく、我々日本人が抱く違和感だと思います。 さらに言うならその

違和感は作家の確信犯的なもので、それを含めて作品を楽しんだほうが読

者としては「お得」です。  


さて、本書は外国人作家の芥川賞。 天安門事件。 北京オリンピック。 

様々なキーワードで語られる事が多いわけですが、 楊逸さんが描きたいの

は、ご自身も含めた日本で暮らす中国人のプロフィールやその立ち位置で

はないかと思います。 


文革の嵐に翻弄された父。 テレサ・テンをおおっぴらに聴くことのできない

政治体制からの脱却を目指した民主化運動。 そして天安門事件。 夢破れ

て日本にやってきてからも民主化運動に取り組むものの・・・。


かつては特定のコミュニティーの中でしか聞かれなかった中国語ですが、現

在はファミレスや電車の中で当たり前に聞かれるようになりました。 この作

品の主人公は70年生まれです。 個人的には、隣の国で生まれ同世代の人

達がどのように生きてきたのか?という点に注目して読みましたが、彼らのカ

ラオケでの十八番が尾崎豊なのには笑ってしまいました。

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

おお、

良い本でしたか。
この作家さんは気になってはいましたが、
読んでいませんでした。
時が滲む朝なんて素敵な題名なので
近々読んでみたいと思います。

 

kAmuさん

こんばんはぁ~♪

>良い本でしたか。
>この作家さんは気になってはいましたが、
>読んでいませんでした。
>時が滲む朝なんて素敵な題名なので
>近々読んでみたいと思います。

未読ですが『金魚生活』という作品が最新刊に
なります。 初めてお読みになるなら『ワンちゃん』の方が読みやすいかもしれません。 

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。