プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03-22(日)

「均ちゃんの失踪」  中島京子


均ちゃんはイラストレーターで、ガールフレンドが何人かいて、ふらふら失踪する癖があって、ともかくろくでもない男。その均ちゃんが失踪中に空き巣が入った。そして、三人の女が関係者として呼ばれた。均ちゃんの行方は?三人の女たちの恋の行方は?『FUTON』『イトウの恋』の中島京子が描く最新連作短編集。


<感想> ★★★☆☆

本書は中島京子さんの連作短編です。

彼女(一人は元奥さん)が三人もいるろくでなし男。均ちゃんを巡る女性たち

を描いています。  複数の女性たちの視点を短編にして連作に仕立てると

いえば、川上弘美さんの『ニシノユキヒコの恋と冒険』が思い浮かびます。 

前段で彼女が三人もいるろくでなし男と書きましたが、彼女が三人もいるから

ろくでなし男なのではなく、ろくでなし男なので彼女が三人もいると書いた方が

正確です。 その点でも共通するので読み比べてみても面白いかもしれませ

ん。


『ニシノユキヒコの恋と冒険』の感想を書いたときにろくでなし男を擁護するコ

メントをたくさんいただきましたが、やっぱ、こういうろくでなし系は母性本能を

くすぐるものなのでしょうか? 個人的にはケシカラン奴だと思いますが・・(笑)

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。