プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01-19(月)

「クリスマス・ストーリーズ」 島本理生・角田光代・他


人気作家がクリスマスをテーマに綴る超豪華アンソロジー。街にはツリーやイルミネーションが溢れ、至る所からクリスマス・ソングが流れ始める。今年もクリスマス・シーズンがやって来ました。この冬のひとときを楽しみにしている人もいれば、毎年繰り返されるお祭り騒ぎに虚しさを感じている人もいることでしょう。クリスマスの過ごし方は人それぞれです。そんな6つのストーリー。


<感想> ★★★☆☆

クリスマスをテーマにしたアンソロジーです。

収められているのは・・・

セブンティーン(奥田英朗)/クラスメイト(角田光代)

私が私であるための(大崎善生)/雪の夜に帰る(島本理生)

ふたりのルール(盛田隆二)/ハッピー・クリスマス、ヨーコ(蓮見圭一)


角田さんと島本さんが読みたく手に取りましたが、蓮見圭一さんの描く

ほのぼのとしたクリスマスが印象に残りました。


クリスマスといえば恋愛モノをイメージしますが、各々のクリスマスのシ

チュエーションは様々です。 まとまりのないアンソロジーだなぁ~という

印象を受けましたが、読書メーターをチェックしていたら、時間軸が一

緒だから、同じ世界で起きてるようにも思えて不思議な気分。


というレビューがあって、そういう読み方をすると面白いなぁ~と思いまし

た。

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。