プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01-18(日)

「猫を抱いて象と泳ぐ」 小川洋子




伝説のチェスプレーヤー、リトル・アリョーヒンの密やかな奇跡。触れ合うことも、語り合うことさえできないのに…大切な人にそっと囁きかけたくなる物語です。




<感想> ★★★★★

本書は小川洋子さんの最新長編です。

長編に関してのみを言うなら『博士の愛した数式』で癒し系路線に転向して、

その第二段として『ミーナの行進』があったように思います。 それ以降、三

年ぶりの長編である本書は、静謐が支配する独特の世界で語られる従来の

小川ワールドと、この二作で培った癒し系路線がほどよくミックスされている

ように感じました。


さて、この作品はチェスの才能をもつ少年が主人公です。 エキセントリック

な彼や、彼をとりまく人々について丁寧に語られています。 いつもながら物

語の舞台は場所も時代も特定されていませんが、私は70年代の東欧をイメ

ージして読みました。 


後半になるとリトル・アリョーヒンというチェスを指す等身大の人形(機械)が

登場してきますが、このあたりからは小川ワールド全開です。 どことなく悲

しい読後感ですが、この作品には相応しいラストです。 


ちなみに、チェスに関しての知識が皆無でも読みこなせます。 すごく極端

な言い方をすればチェスを知らないほうが楽しめるかもしれません。 主人

公や相手が指す一手、一手を詩的に表現する様は秀逸で、チェスというゲ

ームの本質が見事に表現されているように思えます。


さまざまなキャラクターが出てきますが、個人的には主人公の才能を見抜き

それを開花させるマスターが一番好きです。 常に謙虚で相手の立場に立ち

粘り強く接していく。 ゲームに勝つ手段ではなく、その哲学を説く。 つまりは

それが教育なのではないだろうか?などと感じました。


モノクロの写真に写ったチェスを指す人形。 その名前も由来もわからない

「物」にはどのような物語が隠されているのか?そんな読み方をすると二度

三度楽しめます。


文藝春秋の特設サイト 「猫を抱いて象と泳ぐ」

冒頭の数頁を「立ち読み」できます。


   


関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「猫を抱いて象と泳ぐ」 小川洋子(01/18)

こんにちは。久しぶりですが、お元気ですか?
この本、ものすごく気になってました。
先日書店で立ち読みしたら、最初のわずか数ページで、小川洋子ワールドに酩酊です。
どこか遠くて物悲しい・・・短編集に出てきた、腕が下がらなくなった水泳選手を思い出しました。買えばよかったな~!

 

ぱぐらさん

お久しぶりです!
コメントうれしいです♪♪♪

>こんにちは。久しぶりですが、お元気ですか?

私はふつーに元気です。 
ぱぐらさんもお元気そうでなによりです。

>この本、ものすごく気になってました。
>先日書店で立ち読みしたら、最初のわずか数ページで、小川洋子ワールドに酩酊です。
>どこか遠くて物悲しい・・・短編集に出てきた、腕が下がらなくなった水泳選手を思い出しました。買えばよかったな~!

400頁弱なので3日ぐらいで読めるかなぁ~と思っていましたが、読み終えるのがもったいなくて5日かけてゆっくり読みました。 「堪能」ではなく「耽溺」でした。 ぜひ!お読みになってみてください!

 

Re:「猫を抱いて象と泳ぐ」 小川洋子(01/18)

小川洋子さんの最新作…ネコ好きな私としてはもうタイトルだけでやられちゃっています(笑)
是非読んでみたいと思います! 

 

hamutanさん

こんばんはぁ~♪

>小川洋子さんの最新作…ネコ好きな私としてはもうタイトルだけでやられちゃっています(笑)
>是非読んでみたいと思います! 

猫の名前はポーンです。 とても賢い猫さんです。
象の名前はインディラです。

 

「猫を抱いて象と泳ぐ」

初めまして、こんにちは♪BBSのほぅでも挨拶させていただきましたふわわん桜です。
私もこの作品、とっても大好きです。リトル・アリョーヒンがマスターとともに廃バスで過ごした時間、とてもきらきら輝いていて泣きたくなりました。キャラクターの中で私は、アリョーヒンと何度も試合をする老婦人が印象に残っています♪『ミーナの行進』はまだ読んでないので是非読んでみたいです(≧v≦)

 

ふわわん桜さん

はじめまして♪

>初めまして、こんにちは♪BBSのほぅでも挨拶させていただきましたふわわん桜です。

コメントとトラックバックありがとうございました。
ちょいと留守にしていたのでお返事が遅れてすいませんでした。

>私もこの作品、とっても大好きです。リトル・アリョーヒンがマスターとともに廃バスで過ごした時間、とてもきらきら輝いていて泣きたくなりました。キャラクターの中で私は、アリョーヒンと何度も試合をする老婦人が印象に残っています♪『ミーナの行進』はまだ読んでないので是非読んでみたいです(≧v≦)

この本を読んだのは二年ぐらい前になりますが、いまだに強く印象に残っています。 ひとつひとつのシーンが頭の片隅に残像として焼きついているようです。 

『ミーナの行進』は癒し路線で、ほんわか気分になれると思います。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。