プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
11-15(土)

「波打ち際の蛍」 島本理生



こんなにも痛い。こんなにも、愛しい。川本麻由はかつての恋人によるDVで心に傷を負い、生きることに臆病になっていた。ある日通院先で植村蛍に出会い、次第に惹かれてゆくが…どこまでも不器用で痛く、眼が眩むほどスイートな恋愛小説!!



<感想> ★★★★★

ステレオタイプな物言いをしたくはありませんが、世の中に存在する恋愛

小説の大半は女性読者の心に訴えるように描かれるものだと思います。 

その作品の良し悪しを決定づけるモノサシはどれだけ作中の人物に感情

移入が出来るか否かです。 本書は『ナラタージュ』同様若い女性を主人

公にした恋愛小説です。  

それを踏まえるなら男性読者は池袋PARCOの低層階に迷い込んだよう

な疎外感と違和感を味わうはずです。 

しかし、私はこの作品でもそのような気持ちを抱くことはありませんでした。 


若い女性読者をターゲットにしているけど決して媚びることがない姿勢、そ

して何よりすべての読者を唸らせる秀逸な文章は、かつての恋人のDVに

よって深い傷を負い、新しい恋愛に痛いほど戸惑う主人公の心の襞を見事

に描き切っています。 


ある新聞で、卓越した文章力に対して題材に不満が残る・・という趣旨の書

評を見かけました。 私はそこまで言うつもりはありませんが、著者の力量を

客観的に語る指標としては間違っていません。 


なんか、若いネェちゃんが描いた若いネェちゃんの話なんてよぉ~・・・・

とお思いのあなた!!ぜひ読んでみてください。 



関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「波打ち際の蛍」 島本理生(11/15)

こんばんは!
若いネーちゃんが書いた、若いネーちゃんのものがたりに『ナラタージュ』でずっぽりはまったオッサンはどーなるのでしょう?やっぱよんでみるんでしょうなぁ…。

 

Re:「波打ち際の蛍」 島本理生(11/15)

こんにちは。
コメントありがとうございました。

私も昨日、この本読了致しました。
島本さん、お若いのに筆力のある作家ですよね。
いつも心の傷を真正面から向き合って描いているところにも共感が持てます。
人によって好き嫌いの出やすい作品でしょうが、読んで損はないと思います。

 

cyn1953さん

こんにちはぁ~♪

>こんばんは!
>若いネーちゃんが書いた、若いネーちゃんのものがたりに『ナラタージュ』でずっぽりはまったオッサンはどーなるのでしょう?やっぱよんでみるんでしょうなぁ…。

島本さんの作品は装丁からして、我々オッサンは手に取らないと思うんですよぉ~。 でも、それってすご~く損だと思います。 
大きな賞や作品が映画化にでもなればより多くの人に島本さんの文章の巧さを実感してもらえると思うんだけど・・・。 そう考えるとやっぱ芥川賞はすげぇ~賞だと思います。

 

*藤紫*さん

こんにちはぁ~♪

>こんにちは。
>コメントありがとうございました。

わざわざお越しいただきありがとうござます。

>私も昨日、この本読了致しました。
>島本さん、お若いのに筆力のある作家ですよね。
>いつも心の傷を真正面から向き合って描いているところにも共感が持てます。
>人によって好き嫌いの出やすい作品でしょうが、読んで損はないと思います。

島本作品はベテランの作家が手がけたような安定感と巧さがあると思います。 まだ24歳なのでこれからがホントに楽しみな作家さんです。 

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。