プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
11-14(金)

「いろんな気持ちが本当の気持ち」 長嶋有


「サインしていただけますか…好きな言葉を書いて下さい」えっ。思わずみつめ返した。「本当にいいんですね。好きな言葉を書いて」うなずくので、僕は大きく二文字「増刷」と書いた。書いてみると思った以上に間抜けで、小さく「したい」と書き添えたらもっと間抜けになった。―セカイとジブンが愛おしくなるエッセイ集。幻のミステリー作品も収録。


<感想> ★★★★☆

本書は長嶋有さんのエッセイ集です。

ペンネームや作品の内容などから女性だと思っている方もいるようですが、

髭を生やしたリッパな男性です。 

長嶋有さんはブルボン小林という別名でコラムも書いているので、芥川賞

作家があちこちに書いた短いエッセイをまとめた・・という感じではなく、

比較的サブカルチャー色の強い爆笑系エッセイです。 

芥川賞作家長嶋有の作品しか読んだことのない読者にはもうひとつの側面

を垣間見ることが出来ると思います。

ちなみに、あらすじに書いてある幻のミステリー作品も収録。ですが、カバー

下に収録されています。 図書館で借りると読むことが出来ません。

長嶋有さんが好きな言葉は「増刷」だそうです。

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「いろんな気持ちが本当の気持ち」 長嶋有(11/14)

ブルボン小林という名前は心の琴線に触れるものが。どこで見たのでしょう。あ~っ気持ち悪い。

しかし、確かに文筆業の方にとって「増刷」という言葉を聞くと胸がふるえるでしょうね。(笑)

 

Re:「いろんな気持ちが本当の気持ち」 長嶋有(11/14)

以前読んだ長嶋さんの作品は「サブカルチャー色の強い爆笑系」なんて、
程遠いイメージでしたが・・・・・意外や意外ですね~(◎0◎)
既読の作品は、どちらかというと静かな雰囲気で、いまいちの読後感(コラ)
私には、コチラのエッセー集のほうが好みかも~(^m^)

ちなみに、近しい業界に属する我が家も「増刷」という言葉が大好きですが
最近は「打ち切り」とか「絶版」という言葉に苦しめられております(涙)(涙)

 

てんてん(^^)/さん

こんにちはぁ~♪

>ブルボン小林という名前は心の琴線に触れるものが。どこで見たのでしょう。あ~っ気持ち悪い。

ブルボンと言えばホワイトロリータ。
小林と言えば小林製薬です。
私もどこかで聞いたことがあるなぁ~と思ったんだけどそんな感じでした。 TVのCMで刷り込まれているのかもしれません。

>しかし、確かに文筆業の方にとって「増刷」という言葉を聞くと胸がふるえるでしょうね。(笑)

初版一万部より、初版5000で増刷2000の方がうれしい気がするそうです。

 

cordelia56さん

>以前読んだ長嶋さんの作品は「サブカルチャー色の強い爆笑系」なんて、
>程遠いイメージでしたが・・・・・意外や意外ですね~(◎0◎)
>既読の作品は、どちらかというと静かな雰囲気で、いまいちの読後感(コラ)
>私には、コチラのエッセー集のほうが好みかも~(^m^)

芥川賞作家のエッセイ集といえば、文芸系の雑誌に発表したものをまとめて・・というパターンが多くて、作家個人に興味がある人が楽しむ・・という感じだと思うんだけど、独立したエッセイとして充分に楽しめます。HPもあるようですよ。

>ちなみに、近しい業界に属する我が家も「増刷」という言葉が大好きですが
>最近は「打ち切り」とか「絶版」という言葉に苦しめられております(涙)(涙)

私は「××必達」とか「○○死守」などという言葉に苦しめられております。戦争じゃねぇ~んだからよぉ~という感じです。(泣) 

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。