プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
10-31(金)

「食堂かたつむり」 小川糸




料理の神様、お願いします--衝撃的な失恋のあと、倫子は故郷に戻り実家の離れで食堂を始める。ある噂とともに店は評判になるが。




<感想> ★★★★★

おそらく今年前半で最も話題になっていた一冊だと思います。

関東ローカルで土曜の朝にオンエアされているTV番組の「BOOKナビ」で紹

介されたのがきっかけのようです。 

ベストセラーや話題作などと言われると手を伸ばしたいという気持ちの一方で、

そんな流行りもの、ワシは読まん!!!

という天邪鬼な思いが頭を持ち上げてきます。 


さて、結果から言うなら狭量な偏屈で損をするのは自分自身です。

アマ○ンのカスタマーレビューをみるとかなり辛辣なコメントがあります。 それ

らすべてを否定するつもりはありませんが、それを差し引いても余りあるチカラ

がこの作品にはあるような気がします。


本書は料理小説としての側面を併せ持っていますが、そのチカラは素材のもつ

チカラです。 食べるという基本的な行為。 なんやかや言って人間の奥深くに

在る親子の確執と情愛。 作家は文字通りその素材を料理して読者の目の前に

出すわけですが、必要以上の調理をされていない本書は本来の味を損ねていま

せん。 そのあたりがストレートに響いてくるのだと思います。


人は、いつでも澄んだ気持ちでなんかいられない、と思う。

みんな、濁り具合の程度の差こそあれ、心の中を満たしているのは

泥水だ。


=中略=

だから私はその泥水をきれいに保つため、なるべく静かにしていよう

と決めた。 水の中で魚が動き回れば濁った泥水になってしまうけど、

心を穏やかにしていれば、泥は下に沈み、上の方はきれいな水になる。 

私はきれいな水でいたかった。



ここで泥に喩えられているのは、主人公とその母親との確執です。

著者が用意した、この確執の着地点で救われたと感じる読者は多いと思いま

す。 ふくろう爺・・・・(泣)


本書の舞台になる季節は晩秋から春先です。 天邪鬼諸兄、諸姉には今の季

節お読みになることをオススメいたします。 加えて瀬尾まいこさんの『天国は

まだ遠く』
をお読みになって、嫌いじゃないけどちょっと物足りないとお感じにな

った方にもオススメいたします。

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「食堂かたつむり」 小川糸(10/31)

私も すごく気に入っている一冊です。
やっぱり いいですよね~!
ブック○フへ ゲッドしに行きたいと思ってます!

 

Re:「食堂かたつむり」 小川糸(10/31)

これまた気になる一冊です☆
タイトルが「かもめ食堂」とチョイかぶってる(笑)から、同じような感じなのかと
思ってましたが・・・・
瀬尾まいこさんの『天国はまだ遠く』は、瀬尾さんの
本のなかでは一番好きかも。
ということは…即効で図書館に予約しなくてわ~ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ 

 

kayokorinさん

こんにちはぁ~♪

>私も すごく気に入っている一冊です。
>やっぱり いいですよね~!
>ブック○フへ ゲッドしに行きたいと思ってます!

主人公が日常で感じる何気ないことのひとつひとつに読者は癒されるんだと思います。 まぁ~いろいろ事情はあると思うんだけどインド人は悪い奴ですね。(笑) 

 

cordelia56さん

>これまた気になる一冊です☆
>タイトルが「かもめ食堂」とチョイかぶってる(笑)から、同じような感じなのかと
>思ってましたが・・・・

ほい!同じく(笑)
「かもめ食堂」は映画しか見ていませんが、この本は料理に関する薀蓄がたくさんでてきました。 

>瀬尾まいこさんの『天国はまだ遠く』は、瀬尾さんの
>本のなかでは一番好きかも。
>ということは…即効で図書館に予約しなくてわ~ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ 

都会で傷ついた主人公が田舎へ・・というストーリーです。 そこに料理や親子の葛藤などが描かれています。 ぜひ、読んでみてくださいませ♪

 

Re:「食堂かたつむり」 小川糸(10/31)

ただ単に、帯の草野さんの名前に惹かれ、
私も読みました。
人気だったのは、意外。
私も人気作は、避けちゃうほうです。
一期一会という言葉を実感した作品でした・

 

コメキさん

こんにちはぁ~♪

>ただ単に、帯の草野さんの名前に惹かれ、
>私も読みました。

小川糸さんは音楽畑の方のようです。
その関係で、草野さんと岡野さんが帯を書いたようです。

>人気だったのは、意外。
>私も人気作は、避けちゃうほうです。
>一期一会という言葉を実感した作品でした・

そうそう人気作といわれると避けちゃうんですよね。
さだまさしさんの本を頑なに読まなかったことも後悔しています。
一生で読める本は少ないですからね。 まさに一期一会です。

 

Re:「食堂かたつむり」 小川糸(10/31)

私も、気に入っています。
命をいただく料理と食事がとても印象深いです。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。