プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
09-19(金)

「物語の役割」  小川洋子




私たちは日々受け入れられない現実を、自分の心の形に合うように転換している。誰もが作り出し、必要としている物語を、言葉で表現していくことの喜びを伝える。



<感想> ★★★★☆

作家と、その作品を評するときに「独特の世界観」という言葉が使われますが、

小川洋子さんは極めて強固なそれを構築している作家の一人だと思います。 

静謐が支配する物語の中に読者を巧みに引き込み、得体の知れない世界の

奥深くまで導いていく手腕は見事としか言いようがありません。 


どんな状況で読んでいても、本を閉じてから現実の世界に戻るまで半時を要し

てしまう小川洋子ワールド。 本書では、そんな小川洋子さんが作品を手がけ

る上で心がけていること、物語を紡いでいく過程などが語られています。 

いくつか印象に残る言葉がありましたが、最も印象に残った箇所を引用します。


「主題は何でしょう、二十文字以内で答えなさい」というテストがあった

として、その二十字がまず浮かんでくるのであれば、それは小説として

書かれる必要性を持っていないと思います。 ですから「テーマさえしっ

かりしていれば、いい小説が書ける」 というのは幻想です。 テーマは

後から読んだ人が勝手にそれぞれ感じたり、文芸評論家の方が論じて

くださるものであって、自ら書いた本人がプラカードに書いて掲げ持つも

のではないと考えております。



もちろん異論のある方もいらっしゃると思いますが、小川洋子という作家は「何か

を伝える」
のではなく「何かを表現する」というスタンスを貫いていることが理解で

きます。


今までエッセイなどを読んでいますが、小川さんは自分の作品について語るとい

うタイプの作家ではないように思います。 それを踏まえるなら、今まで明かすこ

とのなかった創作の内幕を赤裸々に語っている本書はファンにとっては貴重な

一冊といえます。


『博士の愛した数式』はもちろんですが、『リンデンバウム通りの双子』(←『まぶ

た』というグロい表紙の短編集に入っている短編です)を読んでから本書を手に

取ることをオススメします。

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「物語の役割」  小川洋子(09/19)

私はこの本を去年読み、とても感動しました。ここまで書いてくれたなんてありがとう…という気持ちでした。
物語を作ることを、「島と島に橋をかける」という表現をされていましたよね。
それから私は、小川洋子さんを読むときはどこが島でどこが橋なのか意識するようになりました。
何度も読み返したい本です。

 

ぱぐら2さん

こんにちはぁ~♪

>私はこの本を去年読み、とても感動しました。ここまで書いてくれたなんてありがとう…という気持ちでした。

おっしゃる通りです。 ここまで小川洋子ワールドの内幕を垣間見せてくれてありがとうという感じでした。 

>物語を作ることを、「島と島に橋をかける」という表現をされていましたよね。
>それから私は、小川洋子さんを読むときはどこが島でどこが橋なのか意識するようになりました。
>何度も読み返したい本です。

今まで読んできた小川作品の中でイマイチだな・・と感じた作品をもう一度読み返してみたくなりました。
新たな発見があるかもしれません。♪

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。