プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08-21(木)

読書感想文オススメの一冊


夏休みも残り十日になりました。

夏休みといえば宿題。

宿題と言えば読書感想文です。


私のブログは読書系ですが、子供のころ読書感想文は大嫌いでした。

何か読んで模範的な感想を書いてみろ!!という学校側のゴーマンな

スタンスに対して、生粋のB型の血が過剰に反応したせいだと思います。

夏休みも押し迫って、ここにお越しになった方の大半は私のようなひね

くれモノか、「本なんて読まねぇ~し、ゼッタイ無理!!」という方だと

推察します。


そこで、読みやすくて、感想の書きやすい本をオススメします♪





O・ヘンリーの短編集です。

ひとつの話は短いので5~10分程度で読めます。

対象は小学校高学年から高校生までOK!!


平凡な生活の中で起こるような、ちょっといい話。

人の優しさや善意などが描かれています。

15編ありますが「最後のひと葉」「賢者の贈り物」

「よみがえった良心」
を読めば充分。 三作読んでも

所要時間は15~30分です。


作家の略歴を加えても枚数が稼げると思います。

没後百年近くたった現代でも、作品と名前が残って

いるO・ヘンリーですが、今風に言うと中卒の前科モノ

だったりするわけです。

O・ヘンリー(wikipedia)


最後に「この本を読んでみて、読書の楽しみを知りました。 

それがこの夏の一番の収穫です。」
的な一言を加えても

いいかもしれません。 


読んで30分、感想文は原稿用紙5枚で1時間。 

二時間頑張れば  「学校が火事にならねぇかなぁ~」 

などという暗い妄想をしなくても済むハズです。

今年こそは「24時間テレビ」を明るい気持ちで見てください。

ご健闘をお祈りしています。



マニアックな皆さんへ・・・

この本の訳者は金原ひとみパパです。

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:読書感想文オススメの一冊(08/21)

普通は夏休みは八月いっぱいだと思うんだけど、私の市ではちょっと早くて28日から二学期が始まるんですよ。
ゆとり教育のなんとかでね。
読書感想文って悩みの種の宿題ですよね。子供のをよく手伝ってました。

 

ケイプコッドさん

おはようございます♪

>普通は夏休みは八月いっぱいだと思うんだけど、私の市ではちょっと早くて28日から二学期が始まるんですよ。
>ゆとり教育のなんとかでね。

二学期制ってやつですか?となりの市も夏休みが若干短いです。 しかし、いくつになっても8月31日のトラウマは消えません(笑)

>読書感想文って悩みの種の宿題ですよね。子供のをよく手伝ってました。

それは百人力ですね!!
長女ですが、昨年から夏休みの宿題は無視する姿勢に転じたようです。 ある意味で見上げた奴だと思います。(汗)

 

Re:読書感想文オススメの一冊(08/21)

O・ヘンリーは、昔むかし中学か高校の夏休みの宿題で
英語の冊子を訳してくるというのがあったので
本を買って(笑) 読みました! 懐かしいです。
確かに! 感想文書きやすそうですね。

我が家は次男(中3)が『きよしこ』で、娘(小6)が『夏の庭』で書いてました。
娘は読ませてくれましたが、次男は見せてくれません。
ま、書いたのなら それでOKかな。

 

Re:読書感想文オススメの一冊(08/21)

うちの息子も、ただいま読書感想文の課題図書を前にして身悶え中~(爆)
私も昔は大嫌いな宿題だったから同情しちゃいます。
自由に本を選べるんなら、まだしも課題図書として押し付けられては、
低いボルテージがますます↓↓になりますもんね~。
ちなみに課題書は「こころ」と「菜の花の沖」とか。。。。^^;
せっかくの、きたあかりさんのオススメを生かせず残念です!

>この本の訳者は金原ひとみパパです。
( ≧∇)ノ"Ωヘェヘェヘェ~~☆ 

 

Re:読書感想文オススメの一冊(08/21)

もちろん、私だって読後感想文なんてだいっ嫌いでしたよ!
ていうか、好きだった人なんかいるんでしょうか?
私はその宿題のおかげで、岩波新書は難しくてつまんないものという固定観念を持ってしまっていて、今もあの表紙を見ただけで読書欲が消えてしまうのです。これは立派なトラウマですよね。
今ですか?今はご存知の通りまずい感想文を書いてます。
感想文と言うより、友だちに「こんな本よ。読んで見たら?」って気持ちで書いてます。

 

kayokorinさん

こんにちはぁ~♪

>O・ヘンリーは、昔むかし中学か高校の夏休みの宿題で
>英語の冊子を訳してくるというのがあったので
>本を買って(笑) 読みました! 懐かしいです。
>確かに! 感想文書きやすそうですね。

私も中学か高校か忘れましたが
"The Last Leaf"と "The Gift of the Magi"
教科書に載ってました。

>我が家は次男(中3)が『きよしこ』で、娘(小6)が『夏の庭』で書いてました。
>娘は読ませてくれましたが、次男は見せてくれません。
>ま、書いたのなら それでOKかな。

お二人とも現代文学をチョイスされましたね。
中二の時にF・フォーサイスの『オデッサ・ファイル』で感想文を書いたら、先生に「生きている人の書いたものは駄目!!」と言われました。 理不尽さを覚えた瞬間でした。

 

cordelia56さん

こんにちはぁ~♪

>うちの息子も、ただいま読書感想文の課題図書を前にして身悶え中~(爆)
>私も昔は大嫌いな宿題だったから同情しちゃいます。
>自由に本を選べるんなら、まだしも課題図書として押し付けられては、
>低いボルテージがますます↓↓になりますもんね~。

「やらなければならない」というのが根本にあると私はすぐ嫌になっちまいます。 

>ちなみに課題書は「こころ」と「菜の花の沖」とか。。。。^^;

おぉぉ~司馬遼じゃないですかぁ!!
未読ですが、評判のいい作品ですよね。
ちと長いけど・・(汗)

>せっかくの、きたあかりさんのオススメを生かせず残念です!

>>この本の訳者は金原ひとみパパです。
>( ≧∇)ノ"Ωヘェヘェヘェ~~☆ 

ひとみパパは法政大学の教授で、時々メディアにも出てきます。 

 

ぱぐら2さん

こんにちはぁ~♪

>もちろん、私だって読後感想文なんてだいっ嫌いでしたよ!
>ていうか、好きだった人なんかいるんでしょうか?

ほい!了解です(笑)
このあたりは、「読書=勉強」「読書=趣味(遊び)」の認識の差ではないかと思います。

>私はその宿題のおかげで、岩波新書は難しくてつまんないものという固定観念を持ってしまっていて、今もあの表紙を見ただけで読書欲が消えてしまうのです。これは立派なトラウマですよね。

今はあちこちから新書が出ていて、やわらかい中身のものもあると思うんですが、私も手が出ないんですよぉ~私の中にもそんなトラウマがあるのかもしれません。 
 
>今ですか?今はご存知の通りまずい感想文を書いてます。
>感想文と言うより、友だちに「こんな本よ。読んで見たら?」って気持ちで書いてます。

私も同じ感じです。 
でも、「これを読んで書いてみなさい」などといわれたら断固拒否します。(笑)

 

Re:読書感想文オススメの一冊(08/21)

こんばんは

読書感想文・・・・・・
苦手でしたぁ~
本を読むのは好きなんですが 
感想は書けなくて・・・
文ではなくて 絵にしろ!っていう
無茶な宿題もありました (^^;

 

piyo☆☆さん

おはようございます♪

>こんばんは

>読書感想文・・・・・・
>苦手でしたぁ~
>本を読むのは好きなんですが 
>感想は書けなくて・・・
>文ではなくて 絵にしろ!っていう
>無茶な宿題もありました (^^;

そういえば小学生のころ、芥川龍之介の『蜘蛛の糸』を先生が読んでくれて、それを絵で描いた覚えがあります。 でも、それって物語の一場面を描くわけだから感想ってわけじゃないですよね。 

感想を絵で表すって・・・
でも、面白そうですね。
絵が上手ならチャレンジしてみたいです。

 

Re:読書感想文オススメの一冊(08/21)

面白すぎる。。。。

 

alisa1966さん

>面白すぎる。。。。

ありがとうございます♪

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。