プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08-05(火)

「人生ベストテン」  角田光代



四十歳を目前にして、人生のイベントベストテンを自虐的に並べてみれば、我が身には二十五年間、なにも起きてはいないのだ。年相応の達成感も充実感もない日々に愕然としながら、私は岸田有作に会に行く。十三歳の夏に恋をした相手に―どこにでもある出会いが生み出す、おかしくいとしいドラマ、全六篇。


<感想> ★★★★★

なんかタイトルがイマイチだなぁ~と思いつつ、読むのを先延ばしにし

てきた角田光代さんの短編集です。 文庫が出たのでゲットしました。


さて、本書には6つの短編が収められていますが、どの作品も角田さん

お得意のだらだらキャラが主人公です。 

まずは表題作。 ヒロインは人生のベストテン(十大事件)は、すべて十

代の前半に集中しているという40歳直前の独身OL。 人生のベスト1

を求めて中学の同窓会に出かけますが・・・。 彼女を取り巻く独身女性、

彼女自身のモノの考え方、そして話しのオチ。 イロイロ詰め込まれてい

ますが、それをあえて短編で描く巧さには見事です。   


もう一つ、気になったのは「テラスでお茶を」 こちらは独身女性が中古マ

ンションを買う話。 彼女がいかなるきっかけでマンションを購入するのか

をマンション探しに重ねて描くさまが秀逸でした。 


春ごろから「アラウンドフォーティ」という言葉をよく耳にするようになりまし

たが、それにピンとくる方なら本書を堪能することができると思います。 


個人的な感想をもうひとつ加えるなら、「ダラダラでもいいんじゃないの・・」

的な結末に、ダラダラオリンピックならいつでも参加可能!!明日にも北

京に飛ぶぜ!
と意気込んでいる私は若干癒されました。

「私も参加するわ」 「俺は金メダルさ!!」という方にもオススメしちゃます。


関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「人生ベストテン」  角田光代(08/05)

おはようございます。
角田さんの「人生ベストテン」。私もいつか読もうと思って
まだ読めずいる本の一冊です。
ちょっと待機順位をくりあげて 早く読みたくなりました(笑)

 

kayokorinさん

こんにちはぁ~♪

>おはようございます。
>角田さんの「人生ベストテン」。私もいつか読もうと思って
>まだ読めずいる本の一冊です。
>ちょっと待機順位をくりあげて 早く読みたくなりました(笑)

角田さんらしい作品集だと思います。
文庫も出たのでぜひチェックしてみてください。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。