プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08-02(土)

「急な青空」 南木圭士


過剰なる記憶力が、患者や家族のもがき苦しむ姿を鮮明に保持していたために、心の病を得てしまった。以来、大切なのは日常の細部になったが、それでいい。いまはただゆるやかな坂を下る、その力の抜き方だけを会得したいのだ。医師だからこそ語れる、いま在ることの愛おしさ。心と身体にやさしいエッセイ集。



<感想> ★★★★☆

ここしばらく、営業成績がヒジョーに悪くて若干病んでいます。

私の勤務先の営業部門は、ここ数年ビョーキになって休職や退職をしてし

まう人が非常に多くて明日は我が身という状態です。 

相手に好印象を与えるのは初めの5秒とか、引かれたら引き返すテクとか、

クロージングのタイミングとか・・マニュアル化された営業法もありますが、

何と言っても仕事の基本はハイテンション(前向きさ)です。 体育会系的な

物言いは好きではありませんが、高いテンションを維持できれば、ある程度

のテクニック不足はそれを補って余りあるのではないかと思います。 しかし、

何かのキッカケでテンションが下がってしまうと泥沼のようなスランプに陥っ

てしまいます。 そこから抜け出せなくて精神的に追い込まれてしまう人が多

いのだと思います。 


さて、前置きが長くなりました。

著者の南木圭士さんは芥川賞作家であると同時に内科医でもあります。

数年前に作品が映画化されましたが、それ以外は目立った作品もないし、い

わゆるベストセラーとも無縁です。 医者を辞めない理由は純文学では食べ

ていけないからだそうで、本書の初出も医師向け専門誌の連載です。 


そんな著者ですが、40代の終わりに医療従事者に多いと言われる燃え尽き

症候群
に陥り、鬱病を発症してしまいます。 職場に復帰した後も病棟勤務

に就くことができず、外来診療のみをこなしている状態のようです。 

鮎釣りをしたり山歩きをしたり、時には知り合いの患者さんに励まされたり、

家族に支えられながら過ごした数年間を抑制の効いた文章で綴っています。 

心身の不調を克服しようとするのではなく、それと上手に付き合っていくのが

最も適した治療だと割り切った時に見た青空がタイトルの由来になっている

ようです。 

私のように、ちょいと病み気味の方にオススメいたします。

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

おつかれ様です~☆

こんばんは

営業のお仕事は本当に大変ですね。友人達の話をきいていると、きたあかりさんのいう通り、何より前向きさと体力勝負の仕事のように思います。

私は接客業なのですが、小さい売場ながら店長なので、やはり売上のことを考えると毎日頭や胃が痛いし、休みでもつい職場に行ってしまいます。そして、
どうしようもなく行き詰まったときは、あと100年たったら今やってることは無になるんだから(失敗しても大丈夫)と思うようにしてます。後ろ向きなようですが、そう思うと少し楽になって、また次の一日に取り組めるようになります。あとテンション高い時は、辞めるまでに、会社が納得する売上を上げてやろうと後ろ向きにやる気を出してます^^;

うちのようなぬるい職場ではないでしょうし、例えが上手くありませんでしたが、無理なさらず自分のペースでお仕事されてください☆

 

ゆずりは文庫さん

こんにちはぁ~♪

>こんばんは

>営業のお仕事は本当に大変ですね。友人達の話をきいていると、きたあかりさんのいう通り、何より前向きさと体力勝負の仕事のように思います。

>私は接客業なのですが、小さい売場ながら店長なので、やはり売上のことを考えると毎日頭や胃が痛いし、休みでもつい職場に行ってしまいます。そして、
>どうしようもなく行き詰まったときは、あと100年たったら今やってることは無になるんだから(失敗しても大丈夫)と思うようにしてます。後ろ向きなようですが、そう思うと少し楽になって、また次の一日に取り組めるようになります。あとテンション高い時は、辞めるまでに、会社が納得する売上を上げてやろうと後ろ向きにやる気を出してます^^;

私もそういうネガティブ的な前向きキープ?は考えることがあります。 でも結局、今日明日に振り回されちゃうんですよね・・・
命にかかわるようなコト(たとえば飛行機事故で九死に一生を得るとか・・)でも経験しないと価値観が変わらないのではないかと思ったりもします。(笑)

>うちのようなぬるい職場ではないでしょうし、例えが上手くありませんでしたが、無理なさらず自分のペースでお仕事されてください☆

ほい!コメントありがとうございました♪♪♪
ゆずりは文庫さんも無理しないようにしてください。

 

阿弥陀堂だより 南木圭士(08/02)

阿弥陀堂だよりが数年前映画化されたときはもちろん拝見させてもらいました。何度かファンレターも・・。地元紙の日曜版おおい生きてるかいもたのしみにしています。

 

谷川朱実さん

はじめまして♪
コメントありがとうございます。

>阿弥陀堂だよりが数年前映画化されたときはもちろん拝見させてもらいました。

私は観たいと思っていますが、まだ観ていません。
DVDにもなっているようなので、近いうちにチェックしてみます。

何度かファンレターも・・。地元紙の日曜版おおい生きてるかいもたのしみにしています。

長野にお住まいでしょうか?
南木ファンとしては羨ましい限りです。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。