プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07-21(月)

「さむけ」 ロス・マクドナルド


実直そうな青年アレックスは、茫然自失の状態だった。 新婚旅行の初日に新妻のドリーが失踪したというのだ。アーチャーは見るに見かねて調査を開始した。 ほどなくドリーの居所はつかめたが、彼女は夫の許へ帰るつもりはないという。 数日後アレックスを訪ねたアーチャーが見たものは・・・・。 ハードボイルの新境地をひらいた巨匠畢生の大作。「さむけ」 ロス・マクドナルド


<感想> ★★★★☆

ロス・マクドナルドは、ダシール・ハメット、レイモンド・チャンドラーと並んで

ハードボイルド御三家と呼ばれる作家です。 ここから派生して、社会問題

をテーマにしたネオ・ハードボイルドや女性ハードボイルドが生まれてくるわ

けですが、その中にあってリュウ・アーチャーを主人公にしたロス・マクドナ

ルドの作品は地味な印象が否めません。 加えて、複雑すぎるプロットは読

者を遠ざける一因だとも言われています。 しかし、本書を読んでみると、自

らを語らず触媒に徹している探偵リュー・アーチャーと、複雑すぎるプロットこ

そがロス・マクドナルドの魅力だということに気がつきました。 


本書の舞台は1964年のアメリカです。 当時のアメリカが抱えていた社会

問題や家族問題などの社会的病理をさりげなく取り込んでいる点も見逃せ

ません。


ロス・マクドナルド?なんだかシブ過ぎないか?という先入観をお持ちのチャ

ンドリアン(チャンドラーファン)にオススメです。
関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「さむけ」 ロス・マクドナルド(07/21)

ロス・マクドナルドはチャンドラーにハマった時期に数冊読んだことありますが
・・・・どうにも地味すぎて、いまひとつ魅力を感じませんでした^^;
あまりにもサッパリとした語り口のせいかも?と思ってたんだけど、
先日、村上訳のチャンドラーを読んでビックリ~!!!
「原作に忠実」というチャンドラーの文章、めちゃんこ「ウエット」じゃないですか~!??
ハードボイルドいこーるドライな文章と思い込んでたから、なんとなく肩透かしくった気分でしたよ~^^;

>『家畜人ヤプー』あたりもチョイスして欲しいものです(汗)
『ヤプー』がアリなら、女子高時代に貪り読んでた『O嬢の物語』も入れて欲しいものです(自爆)

 

cordelia56さん

こんばんはぁ~♪

>ロス・マクドナルドはチャンドラーにハマった時期に数冊読んだことありますが
>・・・・どうにも地味すぎて、いまひとつ魅力を感じませんでした^^;
>あまりにもサッパリとした語り口のせいかも?と思ってたんだけど、
>先日、村上訳のチャンドラーを読んでビックリ~!!!

ジミの原因は、マーロウとアーチャーのキャラの違いだと思います。 どちらも一人称語りだけどアーチャーって物語の語り手に終始していますよね。 

>「原作に忠実」というチャンドラーの文章、めちゃんこ「ウエット」じゃないですか~!??
>ハードボイルドいこーるドライな文章と思い込んでたから、なんとなく肩透かしくった気分でしたよ~^^;

訳者の清水俊二は、もともと映画の字幕翻訳をしていたそうです。 個人的にはそのあたりに清水俊二訳チャンドラーの原点があるような気がします。

>>『家畜人ヤプー』あたりもチョイスして欲しいものです(汗)
>『ヤプー』がアリなら、女子高時代に貪り読んでた『O嬢の物語』も入れて欲しいものです(自爆)

ムッムッ・・・
噂には聞いていますが『O嬢の物語』未読です。
まだ、修行が足らないようです・・
滝に打たれてきますぅぅ!!!

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。