プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07-11(金)

「さよなら渓谷」  吉田修一



きっかけは隣家で起こった幼児殺人事件だった。その偶然が、どこにでもいそうな若夫婦が抱えるとてつもない秘密を暴き出す。取材に訪れた記者が探り当てた、15年前の“ある事件”。長い歳月を経て、“被害者”と“加害者”を結びつけた残酷すぎる真実とは―。



<感想> ★★★★☆

本書は吉田修一さんの最新刊です。

あらすじをごらんいただくと、お判りいただけると思いますが『悪人』を踏襲

したミステリー仕立ての作品です。 


さて、冒頭は実際に秋田で起きた事件を思わせますが、それはあくまで本

筋にいたるきっかけに過ぎません。 15年前に起きた事件の被害者と加

害者の奇妙な関係を描きながら人間の業を炙り出すのが、本書のメインテ

ーマです。


ネタばれするので詳しくは書きませんが、この二人の関係性についてリアリ

ティーがあるのかと問われればNOです。 しかし、最後まで読むとストンと

心に落ちてきます。 エンターテイメント性を重視した『悪人』と比較するなら

敢えてそれを抑制して、深みを重視しているように感じました。


事件によって、追い詰められた被害者の怒りと悲しみ、追い詰めた加害者

の罪と罰。 そして、それぞれが抱える深い闇と孤独・・・・。

真空状態が保たれた舞台装置の上で、それぞれの感情が絡み合い、放電

するさまは圧巻としか言いようがありません。
 

とにかく、重いテーマなので「女性の皆さんにオススメです♪」と言うつもりは

ありませんが、最後にこみ上げてくるせつなさで、読者の86%は泣いちゃう

と思います。


  
関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

なんで86%なの?

それは読まなきゃわからないってか?
はい、では読んで見ることにします。

 

alisa1966さん

こんにちはぁ~♪

>それは読まなきゃわからないってか?
>はい、では読んで見ることにします。

>なんで86%なの?

「全米が泣いた」でもいいんだけど、それって胡散臭いので・・(笑)

 

Re:「さよなら渓谷」  吉田修一(07/11)

86% っていうのが 気になります(笑)
86%に入るのかな。 14%の方だったらちょっとショックだな。
なんて どうでもいいことにひっかかりつつ
これは読もう! とメモメモしている私です。

 

kayokorinさん

こんばんはぁ~♪

>86% っていうのが 気になります(笑)
>86%に入るのかな。 14%の方だったらちょっとショックだな。

いやはや、みなさん86%に引っかかりますね(笑)

本文には書きませんでしたが、レイプ犯罪が描かれているので、女性にはオススメしずらいなぁ~(汗)でもラストはいいし・・というビミョーなニュアンスが込められた86%です。

>なんて どうでもいいことにひっかかりつつ
>これは読もう! とメモメモしている私です。

派手な作品ではありませんが、すげぇ~ディープでした。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。