プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
05-10(土)

「水銀虫」  朱川湊人



誰もが抱える水銀虫。彼らは人の心に寄生し、自殺へと導くのだ。読むほどに憂鬱になる、慰安と戦慄の七日間。

【目次】枯葉の日/しぐれの日/はだれの日/虎落の日/薄氷の日/微熱の日/病猫の日


<感想> ★★★☆☆

表紙の絵がすげぇ~コワい本書は朱川湊人さんのホラー短編集です。

朱川さんといえば直木賞作品の『花まんま』や『かたみ歌』などの泣け

るホラーが代表作とされる傾向があるようですが、本書はアクの強い

正統派ホラーを収めた作品集です。 おそらく著者のオリジナリティー

はこちらにあるのではないかと思います。 


すべての元凶は人が心の奥底に秘めている悪意である。 という描き

方は私のようにホラーが苦手な読者でもすんなり朱川ワールドに身を

置くことができます。 


個人的は一番最後の「病猫の日」の出来がサイコーにいいと思います。 

一方で、少しだけスプラッター系の「虎落の日」はダメでした。

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「水銀虫」  朱川湊人(05/10)

こんばんは!
朱川さん、新刊本でしょうか?
好きな作家さんでもあり、一風変わった朱川本に出会えそうなので、メモしました。

 

Re:「水銀虫」  朱川湊人(05/10)

こんばんは♪

朱川さんはきっと、もともとホラー小説が好きで書いてたんでしょうね。でも思ったほど売れなかったから趣旨変更して、みごとに当たったというところだと睨んでいます^^

この本は未読ですが、ホラーなので二の足を踏んでいます・・・

 

cyn1953さん

こんばんはぁ~♪

>こんばんは!
>朱川さん、新刊本でしょうか?

奥付を見ると06年9月初版になっています。
最新刊ではないようです。

>好きな作家さんでもあり、一風変わった朱川本に出会えそうなので、メモしました。

直木賞受賞後の作品とは一線を隔しているように思います。 

 

mitsumame0182さん

こんばんはぁ~♪

>こんばんは♪

>朱川さんはきっと、もともとホラー小説が好きで書いてたんでしょうね。でも思ったほど売れなかったから趣旨変更して、みごとに当たったというところだと睨んでいます^^

私もそう思います。 浅田次郎さんがいい例ですよね。

>この本は未読ですが、ホラーなので二の足を踏んでいます・・・

自分があまり読まないジャンルの作品って評価が難しいですよね。 

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。