プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04-28(月)

「接近」 古処誠二


昭和二十年四月、アメリカ軍が沖縄本島に上陸したとき、安次嶺弥一は十一歳だった。学校教育が示すまま郷土の言葉を封じて生きる彼の前に、同じく郷土の言葉を封じたアメリカ人が突然日本兵の姿で現れる。本来出会うはずのなかった彼らは、努力をもって体得した日本の標準語で時間を共有し、意思を伝え、距離を詰めていく。人の必然にしたがって、相容れない価値観は「接近」した。


<感想> ★★★★☆

古処誠二さんの作品は二作目です。 

前回読んだ『ルール』は第二次世界大戦末期のフィリピン戦線が舞台でし

たが、本書はアメリカ軍が上陸した直後の沖縄が舞台です。 


さて、戦後21年目に生まれ、バリバリの日教組教育を受けて育った私か

ら見るとここ数年日本はかなり右傾化しているように思います。 しかし、

一方で自衛隊の基地を取り囲んで現場の自衛官を詰問している人たちの

行動もどうなのかなぁ~と思ったりもするわけです。 特に、ここ最近その

事実関係を云々されている問題については戦後世代の議論合戦のように

思えてなりません。 いずれの問題でも圧倒的に不足しているのは実際に

戦争を体験した人たちの声ではないでしょうか?


70年生まれの古処さんが、第二次世界大戦を作品の題材にすることにつ

いてイロイロな意見があるようですが、 従軍された方や銃後の守りを固め

ていた方々の経験やその想いを次世代に伝えて行くのは私たちの世代に

課せられた義務です。 俯瞰で論じるのではなく、あくまで個人の体験した

戦争にこだわる古処誠二さんは、なかなかイイ仕事をしているように思いま

す。 エンターテイメントにありながら、その筆の進め方は丁寧かつ真摯で、

簡潔な文体も読者を選びません。 若い世代に読んでもらいたい一冊です。

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「接近」 古処誠二(04/28)

こんばんは!

おでん缶から「接近」までまとめて、たくさんUPされましたね。
一本の釣り糸に、色とりどりのえさつけて、ダボハゼならぬオッサンは「接近」食いつきましたよ。
異なる価値観、文化の遭遇はとても興味があるところです。この本をこの視点から読んでみたいと思っています。
どうでしょう?こういう読み方に応えてくれる本でしょうか?

 

cyn1953さん

こんにちはぁ~♪
お返事遅れてすいません(汗)

>こんばんは!

>おでん缶から「接近」までまとめて、たくさんUPされましたね。
>一本の釣り糸に、色とりどりのえさつけて、ダボハゼならぬオッサンは「接近」食いつきましたよ。
>異なる価値観、文化の遭遇はとても興味があるところです。この本をこの視点から読んでみたいと思っています。
>どうでしょう?こういう読み方に応えてくれる本でしょうか?

当時、強い独特の文化を持っていた沖縄に住んでいる人たちと、日系人。 国家という枠と本来、彼らが持っているアイデンティティーの鬩ぎあいのようなものがよく描けていると思います。 

ちなみに、作者の古処さんは元自衛官だそうです。


 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。