プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03-10(月)

「雪沼とその周辺」  堀江敏行


小さなレコード店や製函工場で、時代の波に取り残されてなお、使い慣れた旧式の道具たちと血を通わすようにして生きる雪沼の人々。廃業の日、無人のボウリング場にひょっこり現れたカップルに、最後のゲームをプレゼントしようと思い立つ店主を描く佳品「スタンス・ドット」をはじめ、山あいの寂びた町の日々の移ろいのなかに、それぞれの人生の甘苦を映しだす川端賞・谷崎賞受賞の傑作連作小説。


<感想> ★★★★☆

堀江敏行さんの本を読むのは二回目になります。

本書は雪沼という町を舞台にした連作短編です。

ブームが去った後も妻と立ち上げたボウリング場を細々と守ってきた老人、

小さな店主いるちいさなレコード店・・・・。 そんな人々の静かな日常を独特

の筆致で描いていきます。 それぞれの作品の登場人物は他の作品の人

物と関わりを持っています。 密接とは言いがたい淡いながらも長年続いて

いる人間関係。 そのあたりの微妙な距離感を巧く表現していると思います。


後半の作品では舞台が日本だと認識できますが、前半の作品は田舎町を

舞台にした翻訳小説を読んでいるような気分にさせられます。 特に一作目

の「スタンス・ドット」はその傾向が強いように思います。 


『いつか王子駅で』に比べると、著者独特の文章の堅さはなりをひそめてい

ますが、エンターテイメントとして読むには無理があります。 ただ、文学とし

てのクオリティーの高さは賞賛に値します。 

質のいい作品をお求めの方、ホッとした時間をお探しの方にオススメです。

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「雪沼とその周辺」  堀江敏行(03/10)

おはようございま~す♪
確定申告作業に忙殺されて、ご無沙汰してしまいましたm(_ _)m
きたあかりさんは順調に読書すすめてらっしゃいますね~!
あいかわらず守備範囲が広くて素晴らしい☆
色々参考にさせていただきます(^^)/
堀江敏行さんは未読の作家さんだったんですが・・・先日読んだ「空を飛ぶ恋」という
携帯つながりのアンソロジーの中に書かれてました。
なんともサッパリした印象だったような(+_+)ウロオボエ
なんせ5ページだけだったから持ち味分析は無理ですけど^^;
最近文芸系の作品とは縁が薄いので、今度図書館で探してみようと思います♪

 

Re:「雪沼とその周辺」  堀江敏行(03/10)

よかったよね、この本。
派手じゃないけど、心にじ~~んとしみるような感じがしました。

 

メモっておきます。

刺激の強い、コッテリ系の
食べ物ばかり続くと、あっさり
味の和物が食べたくなりますが、
本もそうですよね。
という意味で、今回ご紹介の
「雪沼とその周辺」は、「いつか
読むぞリスト」に入れておかな
いと、という感じですね。情報
提供に感謝です。

 

cordelia56さん

こんばんはぁ~♪

>おはようございま~す♪
>確定申告作業に忙殺されて、ご無沙汰してしまいましたm(_ _)m

確定申告おつかれさまでした♪

>きたあかりさんは順調に読書すすめてらっしゃいますね~!
>あいかわらず守備範囲が広くて素晴らしい☆
>色々参考にさせていただきます(^^)/
>堀江敏行さんは未読の作家さんだったんですが・・・先日読んだ「空を飛ぶ恋」という
>携帯つながりのアンソロジーの中に書かれてました。
>なんともサッパリした印象だったような(+_+)ウロオボエ
>なんせ5ページだけだったから持ち味分析は無理ですけど^^;
>最近文芸系の作品とは縁が薄いので、今度図書館で探してみようと思います♪

堀江敏幸さんは早稲田の先生が本業です。
「よっしゃ一発当てて稼いでやるぜ!!」的な姿勢が全く見受けられません。 
正直言って売れる要素はないんだけど淡白でいい作品を書いている作家だと思います。

 

ケイプコッドさん

こんばんはぁ~♪

>よかったよね、この本。
>派手じゃないけど、心にじ~~んとしみるような感じがしました。

思った以上にイイ作品でした。
読む機会を与えていただきありがとうございました♪

 

ミシェル・デマルケさん

こんばんはぁ~♪

>刺激の強い、コッテリ系の
>食べ物ばかり続くと、あっさり
>味の和物が食べたくなりますが、
>本もそうですよね。

たとえば、3日連続でラーメンを食べると盛り蕎麦を食べたくなるようなものですよね(笑)

>という意味で、今回ご紹介の
>「雪沼とその周辺」は、「いつか
>読むぞリスト」に入れておかな
>いと、という感じですね。情報
>提供に感謝です。

癒し系とか人情モノは探せばいくらでもありますが、静謐感の漂う作品ってあんまりないんですよね(tzぶん売れないからだと思いますが・・)同系列だと南木佳士さんあたりもオススメです。

 

(T^T)

こんにちは

この本そのうちに買おうとチェックしてました。
なのにまたもや先を越され… 悔しい~(T^T)

きたあかりさんと本の傾向が似てるのかしらん?

 

mitsumame0182さん

>こんにちは

>この本そのうちに買おうとチェックしてました。
>なのにまたもや先を越され… 悔しい~(T^T)

いやはや(笑)

>きたあかりさんと本の傾向が似てるのかしらん?

味覚が似ているんだと思います。
決して派手な作品ではありませんがいい作品には違いないと思います♪

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。