プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
02-27(水)

「ペンギンの憂鬱」  アンドレイ・クルコフ

恋人に去られた孤独なヴィクトルは、憂鬱症のペンギンと暮らす売れない小説家。生活のために新聞の死亡記事を書く仕事を始めたが、そのうちまだ生きている大物政治家や財界人や軍人たちの「追悼記事」をあらかじめ書いておく仕事を頼まれ、やがてその大物たちが次々に死んでいく。舞台はソ連崩壊後の新生国家ウクライナの首都キエフ。ヴィクトルの身辺にも不穏な影がちらつく。そしてペンギンの運命は…。欧米各国で翻訳され絶大な賞賛と人気を得た、不条理で物語にみちた長編小説。

<感想> ★★★★★

著者のアンドレイ・クルコフは旧ソ連から独立したウクライナの作家です。

旧ソ連が解体後どのように変化しているのか把握していませんが、96年に

ロシア語で出版された本書は現代ロシア文学と位置づけられているようです。

私自身はチェーホフしか読んだことがありませんが、ロシア文学といえば・・・

・やたらと理屈っぽい。

・とにかくぶ厚い。

・登場人物の名前が長くて覚えられない。


というイメージを持っています。 これらはあくまで先入観というやつです。

しかし、先入観ほど怖ろしいものはありません。 

たとえば珍味界の最右翼と位置づけられている鮒寿司。 私は実際に食べ

たことはありませんが流布されている情報から鑑みて絶対にムリです。 

以前、三國連太郎さんがテレビで鮒寿司が大好物だとおっしゃっていました。

やっぱ三國連太郎はスゲェなぁ~鮒寿司食えるのか・・と思う一方で

息子の佐藤浩一も、美味いから食え!とか言われて強制的に食わされて

るんだろうなぁ~なんか気の毒だな・・
などと思ったりもするわけです。 

ひつこいようですが、私は鮒寿司を食べたことがありません。


さて、異様に前置きが長くなりましたが、本書は5頁も読めばそんな先入観は

吹き飛んでしまいます。 タイトルからシュールな作風を想像していましたが、

リアリズムで描かれた上品なエンターテイメントといった感じです。 文章も読

みやすいし主人公を取巻く登場人物も魅力的です。

舞台のキエフは旧ソ連崩壊後の混沌状態にありますが、イデオロギー云々と

いう読み方を強要されることもありません。 単純に物語を楽しむことのでき

る作品です。 


訳者あとがきでも触れられていますが、ロシアでも人気のある村上春樹さんの

影響を受けているようにも思います。 具体的な作品名をあげるなら『羊をめ

ぐる冒険』に近いものを感じました。 最近、面白い翻訳モノに出会っていない

とお思いの方にオススメです。 
 

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

そっか

5ページ読めればいいのか・・・。

佐藤浩一は拒否してると思うな。。。

 

alisa1966さん

>5ページ読めればいいのか・・・。

>佐藤浩一は拒否してると思うな。。。

三國連太郎をナメてはいけません。
やっぱタダモノじゃありませんぜ!

 

翻訳モノは苦手ですが・・

翻訳ものは苦手です、このミシェルも。
なんといいますか、日本人以外の知人は
いないミシェルには(笑)、翻訳ものだと
会話の言い回しや心情の機微についての
表現がしっくりこないことも多く・・・。

でも「ペンギンの憂鬱」は覚えておきま~す。

 

ミシェル・デマルケさん

こんばんはぁ~♪

>翻訳ものは苦手です、このミシェルも。
>なんといいますか、日本人以外の知人は
>いないミシェルには(笑)

私の母はフランス人なのでヨーロッパ的な感覚はなんとなくわかります。
というのはもちろん嘘です(汗)

>翻訳ものだと
>会話の言い回しや心情の機微についての
>表現がしっくりこないことも多く・・・。

日本人向きに読みやすいものにするのか、それとも原文に忠実に訳すのかは訳者のスタンスの違いだと思います。 面白い翻訳モノに出会ったときは訳者の名前もチェックしておくといいかもしれません。 

>でも「ペンギンの憂鬱」は覚えておきま~す。

村上春樹さんがお好きでしたら試してみる価値はあるかもしれません。 この作品は登場人物の名前が短くてヨカッタです(笑)

 

はじめまして

ご訪問&コメントありがとうございました。

この「ペンギンの憂鬱」って作品、面白そうですね~。
近い内に本屋さんでチェックしてみたいと思います!


http://ameblo.jp/rasimaru/" target="_blank">http://ameblo.jp/rasimaru/

 

しゃおさん

こんばんはぁ~♪

>ご訪問&コメントありがとうございました。

わざわざお越しいただきありがとうございます★

>この「ペンギンの憂鬱」って作品、面白そうですね~。
>近い内に本屋さんでチェックしてみたいと思います!


http://ameblo.jp/rasimaru/" target="_blank">http://ameblo.jp/rasimaru/

ちょっとミステリー仕立てで面白いです。
村上春樹さんがお好きであればハズさないと思います。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。