プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
02-24(日)

「猛スピードで母は」  長嶋有


「私、結婚するかもしれないから」「すごいね」。小六の慎は結婚をほのめかす母を冷静に見つめ、恋人らしき男とも適度にうまくやっていく。現実に立ち向う母を子供の皮膚感覚で描いた芥川賞受賞作と、大胆でかっこいい父の愛人・洋子さんとの共同生活を爽やかに綴った文学界新人賞受賞作「サイドカーに犬」を収録。


<感想> ★★★★☆

長嶋有さんの作品は初めて読みます。


本書には、芥川賞受賞作の表題作と『サイドカーに犬』の二編が収められて

います。 二作とも、チョッと複雑な家庭に身を置く子供の視点でその家族を

描いていますが、舞台は昭和50年代前半です。 今でこそ様々なカタチの家

庭が存在していますが、昭和50年代前半において母子家庭、父子家庭とい

うのはクラスに1人いるかいないかという存在でした。 私自身もそのような環

境で育ちましたが、家庭環境に悩むことはほとんどありませんでした。 むし

ろ「家族=父母が揃っている」という価値観を持っている人たちと接することの

方に強いストレスを感じていました。 そのあたりを的確に表現していると感じ

ました。 


表題作では母子家庭の母親、『サイドカーに犬』では父親の愛人を描いていま

す。 子供の視線を通して語られる彼女達はパワフルですが、さりげなく言い放

つ言葉の端々に微妙な女性心理が垣間見えます。 私は読む前に長嶋有さん

は男性であると知っていましたが、もし知らなければ単純に巧い女性作家だなぁ

と感じたハズです。 よく「女を描くことの巧い男性作家」などという売り文句を目

にします。 正直言って、素直に肯けるのは北村薫さんぐらいだと思っていました

が長嶋有さんも勝るとも劣らない巧さです。


芥川賞受賞作ですが読者を選ばない作品です。 

最近イマイチ元気が出ないんだよねぇ~とお思いの女性の方、昭和50年代に

子供だった方に激しくオススメいたします。

 
関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

私は読んでいないのですが・・・

きたあかりさん、こんにちは。
相棒のHANAが【ぶんこや】にレビューを書いていたので、TBさせていただきました♪

 

Re:「猛スピードで母は」  長嶋有(02/24)

私も長嶋有さんは女性だと思っていました。読んだ本が女性の細やかな心理を丁寧に書いてあったんです。
子供の視点で語られているってところもポイントみたいね。

 

Re:「猛スピードで母は」  長嶋有(02/24)

こんばんは!
この本は芥川賞なれども、すんなり読む事ができました。うっかりしてましたが、男だったのですカァ!!初期の北村薫的(女だと思われてましたよね)な間違いをしてしまいました。

 

Re:「猛スピードで母は」  長嶋有(02/24)

気になっていた本なんです。図書館で本の表紙を見て、棚に戻してしまってたんです。
読んでみようかしら~

 

ぶんこやさん

おはようございます♪

>きたあかりさん、こんにちは。
>相棒のHANAが【ぶんこや】にレビューを書いていたので、TBさせていただきました♪

ほ~い♪
トラックバックありがとうございました。
早速おうかがいします★

 

ケイプコッドさん

おはようございます♪

>私も長嶋有さんは女性だと思っていました。読んだ本が女性の細やかな心理を丁寧に書いてあったんです。
>子供の視点で語られているってところもポイントみたいね。

男性作家の描くヒロインはやたらと女性っぽいんですよね。 別の角度から言うなら男にとって都合がいい女性というか・・・この作品のヒロインはやたらとパワフルでした。

 

cyn1953さん

おはようございます♪

>こんばんは!
>この本は芥川賞なれども、すんなり読む事ができました。うっかりしてましたが、男だったのですカァ!!初期の北村薫的(女だと思われてましたよね)な間違いをしてしまいました。

キーを車に閉じ込めて、団地の四階まで建物の外側を伝わって登って行くあたりは芥川賞っぽいなぁ~と思いましたが、直木賞的な巧さも兼ね備えているように思いました。 
私も北村薫さんには騙されました(笑)

 

さとうみみさん

おはようございます♪

>気になっていた本なんです。図書館で本の表紙を見て、棚に戻してしまってたんです。
>読んでみようかしら~

お気持ちはお察しします。
タイトルがビミョーなんですよね・・しかも芥川賞だし・・(笑)とても読みやすい作品でした。 

 

Re:「猛スピードで母は」  長嶋有(02/24)

プチおひさです!
風邪でダウンしてしまい、ブログのほうは放置状態でした。
これからも当分はオサボリペースになりそう^^;
よろしくです~(^^)/

昭和50年代に子供だった……という条件には完璧に範疇外では
ありますが(笑)女性心理に長けた男性作家さんというのは興味ありま~す!
男性作家の描く女性って、どこかしらズレを感じること多くて、ついつい手にとる
のは女性作家に偏りがちな今日この頃^^;
さっそく図書館予約しました!
なんと、予約ゼロで即座に手元に届きそうです♪

 

cordelia56さん

おはようございます♪

>プチおひさです!
>風邪でダウンしてしまい、ブログのほうは放置状態でした。
>これからも当分はオサボリペースになりそう^^;
>よろしくです~(^^)/

おかげんの方はいかがですか?
ここ2~3日気温の変動が激しいですからね。
お家のこともやらなくてはならないからタイヘンだと思いますが、休むときはしっかり休んでくださいませ。

>昭和50年代に子供だった……という条件には完璧に範疇外では
>ありますが(笑)女性心理に長けた男性作家さんというのは興味ありま~す!
>男性作家の描く女性って、どこかしらズレを感じること多くて、ついつい手にとる
>のは女性作家に偏りがちな今日この頃^^;
>さっそく図書館予約しました!
>なんと、予約ゼロで即座に手元に届きそうです♪

久しぶりに巧いなぁ~と思える作家に出会えて幸せな気分です(笑)感想お待ちしてます♪

 

Re:「猛スピードで母は」  長嶋有(02/24)

最近イマイチ元気がないので読んでみます。。。

50年代は子供だったような気がします。。。


 

alisa1966さん

こんばんはぁ~♪

>最近イマイチ元気がないので読んでみます。。。

とにかくパワフルなお母さんなのでオススメです。

>50年代は子供だったような気がします。。。

おなじく(笑)

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。