プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01-09(水)

「吉原手引草」 松井今朝子


なぜ、吉原一を誇った花魁葛城は、忽然と姿を消したのか?遣手、幇間、楼主、女衒、お大尽―吉原に生きる魑魅魍魎の口から語られる、廓の表と裏。やがて隠されていた真実が、葛城の決意と悲しみが、徐々に明らかになっていく…。誰の言葉が真実なのか。失踪事件の謎を追いながら、嘘と真が渦巻く吉原を見事に紡ぎあげた、次代を担う俊英の傑作。



<感想> ★★★★☆

本書は前回(137回)の直木賞受賞作です。

忽然と姿を消した花魁(おいらん)の謎を解き明かしていくという筋立てですが、

周囲の人々の証言をもとに消えた花魁と事件を浮き彫りにしていく手法を用い

ています。 また、その証言も一対一の会話ではなく証言者のモノローグ形式に

なっています。 

ちょっとかわった構成ですが、証言をするのは吉原に関わりをもつ人々。 

事件を浮き彫りにするだけではなく、そこでは語られるのは吉原の表と裏。 

遣手、幇間、楼主、女衒、商人・・・個性のある語り口は落語を聴いているような

気になります。 


私自身、あまり時代小説を読まないのでたしかな事は言えませんが、オチは典

型的な時代小説のそれです。 月並みと言えば月並みですが、やはり時代小説

には時代モノにふさわしい結末が必要です。


吉原といえば、時代モノの舞台として最も多く使われるのではないかと思います。

しかし、その描かれ方はともすれば抽象的になりがちです。 そこには、どのよ

うな人々がいたのか?登場人物の息遣いが感じられます。 


エンターテイメントとして楽しむ一方で、当時の文化や風俗も垣間見ることのでき

る本書は、一粒で二度美味しい時代小説です。

にほんブログ村 トラコミュ 女性作家・女流作家へ
女性作家・女流作家
関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

オチをどうみるか

はじまして。
松井今朝子って歌舞伎に詳しい人ですね。「仲蔵狂乱」もよかった。
歌舞伎で「やつし」という演技があって「身をやつす」の意味ですが花魁に身をやつした女性ですよね。
「やつし」の芝居をみるような感じでした。

 

よっちゃんさん

はじめまして♪
コメントとTBありがとうございました。

>はじまして。
>松井今朝子って歌舞伎に詳しい人ですね。「仲蔵狂乱」もよかった。
>歌舞伎で「やつし」という演技があって「身をやつす」の意味ですが花魁に身をやつした女性ですよね。
>「やつし」の芝居をみるような感じでした。

公式サイトを見てきましたが、歌舞伎業界の方なんですね。 「やつし」ですか、ご丁寧な解説ありがとうございます。 作品の背景を知れば、深みを味わうことができますよね。 「仲蔵狂乱」もチェックしてみます。

 

Re:「吉原手引草」 松井今朝子(01/09)

こんにちは!
私は吉原ガイドとして面白かったです。
遊郭のイメージがくっきりしてきましたので、時代小説をよむのにおもしろみが増えそうです。
長い時間が風俗を文化に換えるのかなぁ、などと思いました。

 

cyn1953さん

おはようございます♪

>こんにちは!
>私は吉原ガイドとして面白かったです。
>遊郭のイメージがくっきりしてきましたので、時代小説をよむのにおもしろみが増えそうです。
>長い時間が風俗を文化に換えるのかなぁ、などと思いました。

そうですね!岡場所=吉原=花魁というように考えていましたが、いろいろと階層があったんですね。 以前、幇間をされている方のドキュメンタリーを見たのを思い出しました。
卵の四角と花魁の誠はない。という言葉が印象に残りました(笑)

 

TBさせていただきました。

ミステリーでありながら、吉原のガイドブックとしても読める。
この時代特有の人情なんかもあって、読後は何ともいえない充実感い包まれました。

 

タウムさん

こんにちは。

>ミステリーでありながら、吉原のガイドブックとしても読める。
>この時代特有の人情なんかもあって、読後は何ともいえない充実感い包まれました。

時代劇などで当たり前のように語られていてもわからないことってありますよね。 岡場所と吉原の違いとか・・勉強になりました。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。