プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01-08(火)

芥川賞・直木賞候補作品発表



平成19年下期の芥川賞、直木賞候補作の発表がありました。

詳細は文字リンク先(文藝春秋)をご覧ください。

第138回芥川龍之介賞候補作品




川上未映子 「乳(ちち)と卵(らん)」(文學界12月号)





田中慎弥 「切れた鎖」(新潮12月号)





津村記久子「カソウスキの行方」(群像9月号)





中山智幸 「空で歌う」(群像8月号)





西村賢太 「小銭をかぞえる」(文學界11月号)





山崎ナオコーラ「カツラ美容室別室」(文藝秋号)



  

楊 逸 「ワンちゃん」(文學界12月号)


相変わらず川上未映子さんのタイトルには度肝を抜かれますが
山崎ナオコーラさんも負けてません。 
一時の小林幸子さんVS美川憲一さんみたいな展開が予想されます。

各候補者の経歴(文藝春秋)



第138回直木三十五賞候補作品




井上荒野  「ベーコン」




黒川博行 「悪果」





古処誠二 「敵影」





桜庭一樹 「私の男」


  

佐々木譲「警官の血」





馳 星周 「約束の地で」


前回は時代小説のオンパレードでしたが、
今回、時代小説のノミネートはなしです。

既読は『警官の血』。現場の警察官(おまわりさん)描き続ける
著者の姿勢は好感が持てます。

『私の男』注目の一冊ですが、この作品で直木賞を獲ると
桜庭さんの方向性が限定されてしまうような気が・・・

各候補者の経歴(文藝春秋)

選考会は1月16日 午後5時から行われます。

にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

明けましておめでとうございます

 きたあかりさん、今年もよろしく~♪

 今回の直木賞ノミネートは「渋めの選択」という感じがしますが、そんなことはないでしょうか?
 私は文庫専門だからいずれも未読でして(笑)
・・・作家名と雰囲気だけで勝手な想像をしているだけなんですが。

 

おはようございます♪

図書館派の私としては、お名前存じ上げない方がズラリと
並んでて、ワケワカメです~o(*▽*o)(特に芥川賞候補^^)
あ、山崎ナオコーラさんの「人のセックスを笑うな」は既読だけど
タイトルのインパクトのわりには……でしたよね^^;

>『私の男』注目の一冊ですが、この作品で直木賞を獲ると
>桜庭さんの方向性が限定されてしまうような気が・・・
激しく同感~☆
といっても、「私の男」はまだ読んでないんですけど(^^;)ゞ

賞候補の方々は、これから一週間、なんとも落ち着かないでしょうね~。

 

Re:芥川賞・直木賞候補作品発表(01/08)

小林VS美川のような、というところがおもしろいですね。
ナオコーラさんのデビュー作は映画化されて、ますます注目されそうですね。

 

Re:芥川賞・直木賞候補作品発表(01/08)

こんにちは~♪
私の予想v
芥川賞=下馬評高い中国の楊逸さん。
直木賞=井上or桜庭。 穴で古処。
候補作は数点しか読んでいませんが(芥川賞はゼロ)普段の月刊小説誌を読んでのカンです・・・。

 

Re:芥川賞・直木賞候補作品発表(01/08)

「私の男」読み終えました。
やはり、桜庭一樹はただものではありません。
直木賞いつかはとれる作家だと思います。 humuhumu

 

ぶんこやさん

こんばんはぁ~♪

> きたあかりさん、今年もよろしく~♪

ほ~い。今年もよろしくお願いします☆

> 今回の直木賞ノミネートは「渋めの選択」という感じがしますが、そんなことはないでしょうか?

井上荒野(あれの)さんを存じ上げないのでなんとも言えませんが、桜庭さん以外はベテランの域に入る作家さんが多いと思います。 女性作家も井上さんと桜庭さんお二人だけなので華やかさもイマイチかもしれません。

> 私は文庫専門だからいずれも未読でして(笑)
>・・・作家名と雰囲気だけで勝手な想像をしているだけなんですが。

まぁ~私も読んだ本は一冊だけだったりするわけで・・(汗)

 

rosa caninaさん

こんばんはぁ~♪

>図書館派の私としては、お名前存じ上げない方がズラリと
>並んでて、ワケワカメです~o(*▽*o)(特に芥川賞候補^^)

芥川賞はマメに文芸誌をチェックしていないとワケワカメですよね。 私もナオコーラさん以外ノーチェックです。

>あ、山崎ナオコーラさんの「人のセックスを笑うな」は既読だけど
>タイトルのインパクトのわりには……でしたよね^^;

かなりあっさりでしたよね・・・

>>『私の男』注目の一冊ですが、この作品で直木賞を獲ると
>>桜庭さんの方向性が限定されてしまうような気が・・・
>激しく同感~☆
>といっても、「私の男」はまだ読んでないんですけど(^^;)ゞ

今のところ、桜庭さんはジャンルに囚われない作品を幅広く手がけているように思います。 特定のジャンルで直木賞を取っちゃうと読者は似た傾向の作品を読みたがりますからね。 授賞はもう少し先でもいいんじゃないかと・・

>賞候補の方々は、これから一週間、なんとも落ち着かないでしょうね~。

発表当日はいろんな人が集まちゃうようです。
それだけ大きな賞ということかもしれません。

 

ポプリローズさん

こんばんはぁ~♪

>小林VS美川のような、というところがおもしろいですね。
>ナオコーラさんのデビュー作は映画化されて、ますます注目されそうですね。

ナオコーラさんのブログ(微炭酸日記・ブックマークに入れてあります。)を読むと純文学系の作家はタイヘンなんだなぁ~と思い知らされます。 映画がヒットするといいですね。

 

読子さん

こんばんはぁ~♪

>こんにちは~♪
>私の予想v
>芥川賞=下馬評高い中国の楊逸さん。

私は文芸誌を読んでないので皆目見当がつきませんが、楊逸さんの候補作はもうすぐ出るようで「予約受付中」になってます。 ナオコーラさんは別としておぉぉ~という感じではあります(笑)

>直木賞=井上or桜庭。 穴で古処。
>候補作は数点しか読んでいませんが(芥川賞はゼロ)普段の月刊小説誌を読んでのカンです・・・。

井上さん女性なんですね。 まだ読んだことがありませんが評判はいいようです。 桜庭さんはもうちょっと作品の方向性を示してからの方がいいのではないかと思いますが・・・

 

humuhumu77さん

こんばんはぁ~♪

>「私の男」読み終えました。
>やはり、桜庭一樹はただものではありません。
>直木賞いつかはとれる作家だと思います。 humuhumu

おぉ~それは早速うかがわせていただきます♪

 

直木賞・・・

伊坂くん、候補になっていないのかあ。。。
私は1冊も読んでいません。
賞にとらわれずに好きなものを読みたいなあ。

 

Re:芥川賞・直木賞候補作品発表(01/08)

こんばんは!
もう芥川賞・直木賞の時期なんですね。
川上さんのタイトルはまったくビックリです。
単行本はカバーしてないと持ち歩けません。
桜庭さん、佐々木さんはこれから注目して読んでいこうと思います。

 

alisa1966さん

こんばんはぁ~♪

>伊坂くん、候補になっていないのかあ。。。

昨年は新刊二冊だけしか出してないからね。。

>私は1冊も読んでいません。
>賞にとらわれずに好きなものを読みたいなあ。

基本的に直木賞はハズれがないと思いますよ。
自分が読んだ本が候補になったりする嬉しいモンです(笑)


 

cyn1953さん

こんばんはぁ~♪

>こんばんは!
>もう芥川賞・直木賞の時期なんですね。

わたしのような「スパークする読書バカ」の血が騒ぐ
シーズンでもあります(笑)

>川上さんのタイトルはまったくビックリです。
>単行本はカバーしてないと持ち歩けません。
>桜庭さん、佐々木さんはこれから注目して読んでいこうと思います。

下馬評では川上さんが最有力視されているようです。
地味な装丁にしてもらいたいですね(汗)

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。