プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12-29(土)

2007年 ベスト10冊



早いもので、07年も残り二日になりました。

今年もブログを通じて、たくさんの本に出会うことができました。

リンク先の皆さんをはじめとして、全ての方に感謝いたします。

さて、毎年年末にUPしている年間ベスト10冊をUPします。

あくまで個人の好みですので、客観的に優れている作品とは限りません。

それを踏まえてご覧いただければ幸いです。

 をクリックすると日記に飛びます。


  





2007年中央公論文芸賞受賞作品

逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるのだろうか。
理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。



  





2007年上期直木賞候補作品

鳥取の旧家に生きる3代の女たち、そして彼女たちを取り巻く
不思議な一族の血脈を比類ない筆致で描く。



  





2004年上期直木賞受賞作品

大正3年、マタギ富治の流転の物語の幕が上がる。
失われつつある日本の風土を克明に描く。



  





なぜ〈僕〉の記憶は失われたのか?
世界から搾取され、漂流するしかない若者は、日々の記憶を塗りかえる。



  





1955年アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞受賞作品

大都会の孤独と死、愛と友情を謳いあげた永遠の名作が、
村上春樹の翻訳により鮮やかに甦る。



  
 




2004年上期芥川賞候補作品

しあわせな眠りを提供する不思議なホテル。
日常からほんの少し乖離した世界でもたらされる物語。



  

  



時間と距離を超え、繋がる謎。愛とは何か、
人間性とは何かを真摯に問い掛ける、長編ミステリ。



  





失われたものの世界を硬質な文体でえがく、
芥川賞作家のとびきりクールな傑作長編小説。



  





2006年上期芥川賞候補作品

人を好きになること、誰かと暮らすことの、危うさと幸福感を、
みずみずしく描き上げる感動の小説集。切なくて、とても真剣な恋愛小説。



 10 





2006年下期直木賞候補作品

トレーラーの走行中に外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。
タイヤが飛んだ原因は「整備不良」なのか、それとも…。


にほんブログ村 トラコミュ 私のベスト本 2007へ
私のベスト本 2007
関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:2007年 ベスト10冊(12/29)

『八日目の蝉』は、今年わたしの読んだ本のベスト10にも入ります。よかったですよね~。

 

Re:2007年 ベスト10冊(12/29)

きたあかりさんらしい、堂々のラインアップと思いました。読みたい本リストが、ぐっと増えちゃいましたよ。
「貴婦人Aの蘇生」は、長編でしたか。なんか、短編集に入ってたような記憶があったんですが、覚え違いですね。読んでみたいです。

 

Re:2007年 ベスト10冊(12/29)

おはようございます。
『八日目の蝉』はきたあかりさんの紹介で私も読んでみました。よかったです。
お正月の本を仕入れようと図書館に行きましたが、年末年始のお休みでした~そうですよね。。。うっかりしてました。
また来年もたくさんの本、紹介してくださいね。

 

Re:2007年 ベスト10冊(12/29)

読んだ本の中から、10冊を選ぶって難しい作業ですね。
私も今年はやってみようかしら?
今年もここで色々情報をいただきました。
ありがとうございます!

 

Re:2007年 ベスト10冊(12/29)

さすが、きたあかりさん、旬の作家さんの作品が多いですね~☆
10作のなかで私が読んだのは「赤朽葉家」と「水底」と「貴婦人」の3作だけ(+_+)
「貴婦人Aの蘇生」は小川さんの作品の中でも、とりわけ好きな作品です(//∇//)
チャンドラーはむか~し(笑)かなりハマった時期があります!
村上さんが翻訳してるんですか?
それは是非とも読まなくちゃ~~(≧∇≦*)

きたあかりさんには色々と最新情報教えていただいて感謝感謝です(^∧^)多謝♪
読書家ブログは多々ありますが、きたあかりさんの選択本は
私好みのものばかり☆彡
今後もヨロシクお願いしま~す!!

ps
>お家の前に小判と米俵を置いておくのでご笑納くださいませ♪
本日、玄関前を念入りに掃き清めておきましたので、どうぞ
ご遠慮なくド~~ッサリと置いていってくださいませませ!(^m^)/
あ、お神酒もお供えしておいたほうがエエかしら~?(笑)

 

Re:2007年 ベスト10冊(12/29)

おおっ! もう出ましたね! きたあかりさんのベスト10!
『八日目の蝉』は 私の今年の10冊にも絶対ランクインさせます~!
とても印象深い作品でした。
わたしの来年の課題は 桜庭さん 熊谷さんを 読むことです♪

 

Re:2007年 ベスト10冊(12/29)

きたあかりさんのベスト本を月ごとに読ませていただき、月末だ~と思っていたら、もう年末になってしまいましたね。
「八日目の蝉」評判がいいですね。読んでみよう

 

hamutanさん

こんばんはぁ~♪

>『八日目の蝉』は、今年わたしの読んだ本のベスト10にも入ります。よかったですよね~。

一部と二部で、作風を使い分けているのも巧いと思いました。 最近は「量産型角田」なんて言われているけど、この作品はピカイチでした♪

 

ぱぐら2さん

こんばんはぁ~♪

>きたあかりさんらしい、堂々のラインアップと思いました。読みたい本リストが、ぐっと増えちゃいましたよ。

いやはや堂々なんて・・周囲の人間にはナイショでこっそりやっているんですよ(笑)

>「貴婦人Aの蘇生」は、長編でしたか。なんか、短編集に入ってたような記憶があったんですが、覚え違いですね。読んでみたいです。

長編と言っても中篇ぐらいの長さです。 
個性を失ってないけど、かなり読みやすく作られてます。 私はこれぐらいの小川作品が好きです♪

 

ケイプコッドさん

こんばんはぁ~♪

>おはようございます。
>『八日目の蝉』はきたあかりさんの紹介で私も読んでみました。よかったです。

それはなによりでした★

>お正月の本を仕入れようと図書館に行きましたが、年末年始のお休みでした~そうですよね。。。うっかりしてました。
>また来年もたくさんの本、紹介してくださいね。

おぉ~図書館は年末年始お休みなんですね・・私も昔は利用していましたが、行く度に蔵書点検とかお休みとか・・・365日営業なら利用しやすいんだけどね。 こちらこそ別館の方ではお世話になりました。
来年も楽しみにしてます♪

 

alisa1966さん

こんばんはぁ~♪

>読んだ本の中から、10冊を選ぶって難しい作業ですね。
>私も今年はやってみようかしら?

日記を読み返してみると読んだときはイマイチだったんだけど、やたらと印象に残っている本ってあるんですよ。そういう本がほんとの意味でいい本なのかもしれません。 07ベスト時間があれば是非♪♪

>今年もここで色々情報をいただきました。
>ありがとうございます!

とんでもないです。こちらこそありがとうございます。

 

rosa caninaさん

こんばんはぁ~♪

>さすが、きたあかりさん、旬の作家さんの作品が多いですね~☆

新刊本はあまり買わないので、出てから3ヶ月ぐらいしてから読む場合が多いと思います。 今年一番の注目株は森見登美彦さんあたりだと思いますが未読です。

>10作のなかで私が読んだのは「赤朽葉家」と「水底」と「貴婦人」の3作だけ(+_+)
>「貴婦人Aの蘇生」は小川さんの作品の中でも、とりわけ好きな作品です(//∇//)

小川洋子さんの個性をキープしつつ、読みやすさも重視している作品でバランス感覚に優れていると思います。

>チャンドラーはむか~し(笑)かなりハマった時期があります!
>村上さんが翻訳してるんですか?
>それは是非とも読まなくちゃ~~(≧∇≦*)

>きたあかりさんには色々と最新情報教えていただいて感謝感謝です(^∧^)多謝♪
>読書家ブログは多々ありますが、きたあかりさんの選択本は
>私好みのものばかり☆彡
>今後もヨロシクお願いしま~す!!

「楽天」にも読書系のブログはいくつもありますが、比較的読書傾向の似かよっている人は自然に集まるような印象を受けます。 でも、チャンドラーに食いついてくれるのはrosa caninaさんぐらいかもしれません。 これからもよろしくお願いします♪♪♪

>ps
>>お家の前に小判と米俵を置いておくのでご笑納くださいませ♪
>本日、玄関前を念入りに掃き清めておきましたので、どうぞ
>ご遠慮なくド~~ッサリと置いていってくださいませませ!(^m^)/
>あ、お神酒もお供えしておいたほうがエエかしら~?(笑)

あれ?昨日の早朝、蓑笠を被って仲間8人でうかがったんだけど、何もありませんでした? きっと誰かが持って行っちゃったのかもしれません(汗) 来年再度うかがうので、そのときは早起きして待っててくださいね(笑)

 

kayokorinさん

こんばんはぁ~♪

>おおっ! もう出ましたね! きたあかりさんのベスト10!
>『八日目の蝉』は 私の今年の10冊にも絶対ランクインさせます~!
>とても印象深い作品でした。

『八日目の蝉』はkayokorinさんの感想がきっかけで読んだ一冊でした。 感謝、感謝です♪♪♪

>わたしの来年の課題は 桜庭さん 熊谷さんを 読むことです♪

熊谷さんは男性読者を意識している感じですが、桜庭さんは読者層を問わない作品が多いように思います。

 

さとうみみさん

こんばんはぁ~♪

>きたあかりさんのベスト本を月ごとに読ませていただき、月末だ~と思っていたら、もう年末になってしまいましたね。

ホント一年なんてあっという間ですね。 明日(というか日付けが変わっているので今日)で、終わりです。

>「八日目の蝉」評判がいいですね。読んでみよう

よーしゃなく号泣すると思います。
みみさんには超オススメです♪

 

Re:2007年 ベスト10冊(12/29)

こんにちは!
07年はいろいろ本を紹介して頂きたいへんお世話になりました。
08年は桜庭さんを読もうと思っています。
あと、「空飛ぶタイヤ」かなり気になっています。
来年もよろしく。よいお年をお迎えください。

 

cyn1953さん

あけましておめでとうございます♪

>こんにちは!
>07年はいろいろ本を紹介して頂きたいへんお世話になりました。

こちらこそ大変お世話になりました。

>08年は桜庭さんを読もうと思っています。
>あと、「空飛ぶタイヤ」かなり気になっています。
>来年もよろしく。よいお年をお迎えください。

『空飛ぶタイヤ』はモデルになった事件(三菱自動車)の判決がありました。 それを踏まえて読むと一段と深みがますかもしれません。

08年もよろしくお願いします★

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。