プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12-27(木)

「警官の血」 佐々木譲

帝銀事件が世を騒がせた昭和23年。希望に満ちた安城清二の警察官人生が始まった。配属は上野警察署。戦災孤児、愚連隊、浮浪者、ヒロポン中毒。不可解な「男娼殺害事件」と「国鉄職員殺害事件」。ある夜、谷中の天王寺駐在所長だった清二は、跨線橋から転落死する。父の志を胸に、息子民雄も警察官の道を選ぶ。だが、命じられたのは北大過激派への潜入捜査だった。ブント、赤軍派、佐藤首相訪米阻止闘争、そして大菩薩峠事件。騒然たる世相と警察官人生の陰影を描く、大河小説。


<感想> ★★★★★

「このミス」1位に選ばれた本書は、上野(東京都台東区)近辺を舞台にした

警察官親子三代の物語です。 『赤朽葉家の伝説』が地方で生きる女性の戦

後史だとするなら、都市部で生きた人々の戦後史と言えます。 警察官が主

人公になっているので、時々の治安や風俗もふんだんに取り入れられています。 


本書も三部構成になっています。 昭和23年、戦後混乱期の治安を維持する

ために警視庁は警察官を大量採用しました。 そのなかのひとりである安城清

が第一部の主人公です。 当時の上野公園や浅草、鶯谷近辺を舞台にして

います。 出世を望むのではなく、地域に密着した警察官(お巡りさん)になり

たいと願う清二の真摯な思いは二代目、三代目に引き継がれていくことになり

ます。


父、清二が謎の死を遂げた数年後に警察官になる安城民雄の物語は、学生

運動が活発だった熱い時代を舞台にしています。 父に憧れて駐在所の警官

になりたいと願う民雄ですが、荒れ狂う時代に波に飲み込まれてしまいます。

警官としての葛藤というより人間として葛藤する姿を見事に描き出しています。 

第二部は秀逸です。


二部の主人公である民雄に反発しながらも警視庁警察官を拝命した安城和也

は、祖父と父の時代を総括する役割を担っています。 正直って第二部と比較

すると面白味に欠けますが、構成上いたし方ないと思います。 


警官が主人公ですが、三代に連なる父子の物語として読むことが出来ます。

読了後、街で見かけるお巡りさんを見る目がチョッとだけ変わるかもしれま

せん(笑)


こちらもシブい駐在さんのお話です。


関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「警官の血」 佐々木譲(12/27)

こんにちは~☆

なんだか内容読むと盛り沢山な感じでスゴそうでクラクラしてきました。
それよりなにより年末なのに衰えないきたあかりさんの読書量に脱帽です~!

 

Re:「警官の血」 佐々木譲(12/27)

自分で読みたい本を選ぶと、どうしても女性作家さんばかりになって
しまうので、「このミス」順位を見ても、いまひとつ興味が沸かなかった作品です^^;
特に警官モノというと・・・高村さんの本を思い出して、ついつい及び腰に~^^;(彼女のって、どうしても硬質ですよね)
コチラの作品は三代記ということだから、時代と絡ませて、話も肉厚になりそうですね。
たまには守備範囲を逸脱して読んでみなくちゃ。
いつも丁寧な書評ありがとうございます!!
とっても刺激&参考になります。(*^▽^*)/カンシャ~♪

 

まる811さん

こんばんはぁ~♪

>こんにちは~☆

>なんだか内容読むと盛り沢山な感じでスゴそうでクラクラしてきました。

ほい!盛り沢山で、さすがに私も全共闘世代の言うことはまったく理解できません。 でも、本を読むと言うのは自分が理解できないことを理解する機会になるんじゃないかと思います・・とか言ってみました(笑)

>それよりなにより年末なのに衰えないきたあかりさんの読書量に脱帽です~!

学生時代とかテスト期間中にやたらと本を読みたくなりませんでしたか?それに似た感じかも・・師匠はあんまり成長しておりません(笑)

 

rosa caninaさん

>自分で読みたい本を選ぶと、どうしても女性作家さんばかりになって
>しまうので、「このミス」順位を見ても、いまひとつ興味が沸かなかった作品です^^;

私も「このミス」はあまり信用していません。(ナニサマ・笑)明らかに売れる要素をもった作品であることはわかるんだけど、それがイイ本だとは限りませんよね。 今まで隠していましたが、実は大河フェチ(笑)なので二作手にとってみました。 

>特に警官モノというと・・・高村さんの本を思い出して、ついつい及び腰に~^^;(彼女のって、どうしても硬質ですよね)

高村さんの巧さは文句のつけようがないと思いますが、たしかに硬すぎます。 それをもうちょっと読みやすくしたのが横山秀夫さんだと思います。 そこに制服警官を持ってきた佐々木さんの切り口は巧いと思います。 

>コチラの作品は三代記ということだから、時代と絡ませて、話も肉厚になりそうですね。

上野といえば、子供の頃(昭和40年台)アコーディオンを弾いている傷痍軍人の方をよく見かけて、そのイメージが強いんですよね・・その点では上野という街に興味があったので終戦直後の第一部は興味深くよみました。

>たまには守備範囲を逸脱して読んでみなくちゃ。
>いつも丁寧な書評ありがとうございます!!
>とっても刺激&参考になります。(*^▽^*)/カンシャ~♪

とんでもないですぅ~
翻訳ミステリを読まれている方って極端に少ないので
いつもコメントを楽しみにしてます。 これからもよろしくお願いします♪♪

 

これはすごくよかった。

親子三代の「血の変化」がまるで自分のことのように感じられました。
和也はお巡りさんではないところの警察人生を送ることになるんでしょうね。

 

よっちゃんさん

こんばんはぁ~♪

>親子三代の「血の変化」がまるで自分のことのように感じられました。
>和也はお巡りさんではないところの警察人生を送ることになるんでしょうね。

密かに桜庭さんと同時受賞になると思いましたが、残念でした。 

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。