プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12-15(土)

「東京バンドワゴン」 小路幸也



古本も事件も引き取ります。
下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」。ちょっと風変わりな四世代の大家族が、転がりこんでくる事件を解決する。おかしくて、時に切なく優しい、下町情緒あふれる春夏秋冬の物語。




<感想> ★★★★☆

本書は、東京の下町にある古書店を舞台にした連作短編です。

古書店といえば、間口が狭くて奥で気難しいオヤジがお茶を啜っている・・

というイメージがありますが、舞台になる古書店は四世代が暮らす大家族

です。


さて、私が子供の頃(70年代)、テレビでは数多くのホームドラマが放映さ

れていました。  代表的なものをあげれば、下町の石材店を舞台にした

「寺内貫太郎一家」、同じく銭湯を舞台にした「時間ですよ」。 核家族化が

急速に進んでいた当時、そこにはホノボノとした懐かしさがありました。


本書で描かれているのは、まさに70年代ホームドラマの世界です。

正直言って、万人ウケする内容をどのように受け止めるかで評価のわか

れるところだと思いますが、舞台が古書店というのがポイントです。


70年代ホームドラマを知っている世代なら懐かしく感じるし、ホームドラマ

といえば「渡る世間は鬼ばかり」しか知らない世代なら新鮮に感じるかもし

れません。 のんびりしたお正月を過ごしたいと思っている方にオススメ。

きっとイイお正月になりますよ♪

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「東京バンドワゴン」 小路幸也(12/15)

おはようございます!
小路幸也さんは全く読んだことないですが・・・・古書店が舞台というと
、それだけで本好きとしては心惹かれますね~^^
実は、うちのダンナの実家は古書店、でした。
付き合い始めの頃は、それだけで彼に対する好感度ポイント高かったです(笑)
でも残念ながら、実家は、その後、不景気のあおりをくって
閉店してしまいました(+_+)
古書店の内幕には少々詳しくなったので、その分野の話は
、とーても興味深いです。
さっそく図書館で借りてこなくちゃ~ε=ε=ε=(ノ^∇^)


 

Re:「東京バンドワゴン」 小路幸也(12/15)

おはようございます。
わたしも 小路幸也さんは読んだことがないのですが、
この本は ずっと気になっていてチェックしていた本です。
来年には 必ず読もう♪と思います。

 

rosa caninaさん

こんばんはぁ~♪

>おはようございます!
>小路幸也さんは全く読んだことないですが・・・・古書店が舞台というと
>、それだけで本好きとしては心惹かれますね~^^
>実は、うちのダンナの実家は古書店、でした。
>付き合い始めの頃は、それだけで彼に対する好感度ポイント高かったです(笑)

おぉ~rosa caninaさんのようなキャラが出てきますよ!!!チョーおすすめです(笑)

>でも残念ながら、実家は、その後、不景気のあおりをくって
>閉店してしまいました(+_+)
>古書店の内幕には少々詳しくなったので、その分野の話は
>、とーても興味深いです。
>さっそく図書館で借りてこなくちゃ~ε=ε=ε=(ノ^∇^)

古書関係といえば、ジョン・ダニングの『死の蔵書』はお読みになりましたか?古書の世界を舞台にした
翻訳ミステリーです。 翻訳ミステリーお嫌いじゃなければ一読の価値はあると思います♪

 

kayokorinさん

こんばんはぁ~♪

>おはようございます。
>わたしも 小路幸也さんは読んだことがないのですが、
>この本は ずっと気になっていてチェックしていた本です。
>来年には 必ず読もう♪と思います。

続編も出ているようです
♪ホノボノとして気分になれる一冊です★

 

Re:「東京バンドワゴン」 小路幸也(12/15)

小路幸也さんってなんか聞いたことあるなぁ~って思ったら「東京公園」という本を読んでいました~
古書店のお話、面白そうですね。

 

ケイプコッドさん

こんばんはぁ~♪

>小路幸也さんってなんか聞いたことあるなぁ~って思ったら「東京公園」という本を読んでいました~
>古書店のお話、面白そうですね。

小路幸也さんは、この本が初チャレンジとなりました。 今チェックしたら既刊本が何冊かあるようですね。 読み終わった後ムショーに向田邦子さんが読みたくなりました♪

 

Re:rosa caninaさん(12/15)

きたあかりさん、こんちわ~♪

>おぉ~rosa caninaさんのようなキャラが出てきますよ!!!チョーおすすめです(笑)
私のようなキャラ!??
それは楽しみです~ ((o(^-^)o))ワクワク

>古書関係といえば、ジョン・ダニングの『死の蔵書』はお読みになりましたか?古書の世界を舞台にした
>翻訳ミステリーです。 翻訳ミステリーお嫌いじゃなければ一読の価値はあると思います♪
ありがとうございます!
『死の蔵書』は、もちろん既読ですとも~(笑)
でも、残念ながら、イマイチ好きに慣れなくてジョン・ダニング氏の作品は、それっきり^^;

古書店舞台といえば、三浦しをんさんの「月魚」などもありますが・・・・
私が一番好きなのは大好きな作家ローレンス・ブロックの「泥棒バーニー」シリーズです!!
洒脱な会話が最高~☆ 

ちなみに翻訳ミステリーは大好きで、以前は日本の作品はほとんど読まずに
翻訳ミステリー・オンリーだったくらいです^^;

 

お久しぶりです(^^)

子育てに追われて、自分のブログは放置状態ですが・・・読書だけは時間を作ってしまいます(^^;)
寝不足になると後悔するんですけどね~、一度読み始めると止められないのが難点ですね。
自分の読みたい本リストのストックがなくなってきてしまったので、久しぶりにお邪魔しました♪
やっぱりきたあかりさんのおすすめは参考になります!!
またゆっくりお邪魔しますね。

 

rosa caninaさん

こんばんはぁ~♪

>きたあかりさん、こんちわ~♪

>>おぉ~rosa caninaさんのようなキャラが出てきますよ!!!チョーおすすめです(笑)
>私のようなキャラ!??
>それは楽しみです~ ((o(^-^)o))ワクワク

>>古書関係といえば、ジョン・ダニングの『死の蔵書』はお読みになりましたか?古書の世界を舞台にした
>>翻訳ミステリーです。 翻訳ミステリーお嫌いじゃなければ一読の価値はあると思います♪
>ありがとうございます!
>『死の蔵書』は、もちろん既読ですとも~(笑)
>でも、残念ながら、イマイチ好きに慣れなくてジョン・ダニング氏の作品は、それっきり^^;

私はツボだったので、その後数冊読みましたがイマイチでした。

>古書店舞台といえば、三浦しをんさんの「月魚」などもありますが・・・・

そうそう『月魚』はアレさえなければ・・とザンネンです。冒頭の一説はピカイチだと思ったのに・・(汗)

>私が一番好きなのは大好きな作家ローレンス・ブロックの「泥棒バーニー」シリーズです!!
>洒脱な会話が最高~☆ 

「スカダーシリーズ」は全部読みましたが「泥棒バーニー」シリーズ未読です。 ブロックは初期のスカダーシリーズのイメージが強いので、イマイチ手が出ないんですよね・・・

>ちなみに翻訳ミステリーは大好きで、以前は日本の作品はほとんど読まずに
>翻訳ミステリー・オンリーだったくらいです^^;

私も読書はアガサ・クリスティーやウィリアム・アイリッシュから入ったので翻訳ミステリーは好きです。
一時期、講談社文庫の翻訳ミステリーにハマっていました。 最近の作品でオススメがあれば教えてくださいませ♪

 

agehaさん

おぉ~コメントありがとうございます♪
お待ちしておりました♪♪♪

>子育てに追われて、自分のブログは放置状態ですが・・・読書だけは時間を作ってしまいます(^^;)
>寝不足になると後悔するんですけどね~、一度読み始めると止められないのが難点ですね。

お子さんもAgehaさんもお元気そうでなによりです。
子供さんが寝ている時は本でも読んでストレス解消してくださいませ★

>自分の読みたい本リストのストックがなくなってきてしまったので、久しぶりにお邪魔しました♪
>やっぱりきたあかりさんのおすすめは参考になります!!
>またゆっくりお邪魔しますね。

子供さんが歩くようになると目が離せないし、子育てモード全開の今は忙しくブログどころの騒ぎじゃないと思いますが、再開されるのを気長にお待ちしてます。 

元気かなぁ~と思っていたので、コメントをいただいてホントにうれしいです!!!ありがとうございました。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。