プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
10-19(金)

「蛇にピアス」  金原ひとみ


「スプリットタンって知ってる?」そう言って、男は蛇のように二つに割れた舌を出した──。その男アマと同棲しながらサディストの彫り師シバとも関係をもつルイ。彼女は自らも舌にピアスを入れ、刺青を彫り、「身体改造」にはまっていく。痛みと快楽、暴力と死、激しい愛と絶望。今を生きる者たちの生の本質を鮮烈に描き、すばる文学賞と芥川賞を受賞した、金原ひとみの衝撃のデビュー作。


<感想> ★★★★☆

本書に関して、ア○ゾンのカスタマーレビューは300を超えています。

芥川賞も地に墜ちた。 稚拙である。 親の七光り。 文学ではない。

読む価値もない。
 という辛口コメントが大半を占めています。 芥川

賞受賞作によく見られる傾向ですが、あまりにも断定的な物言いをされ

ると「アンタの価値観は絶対的なモノサシなのかい?」と問いかけたく

なります。 個人的に好き、嫌いを書くのはいいと思いますが、それを、

作品を評するモノサシにするのはいかがなものでしょうか?


さて、そんな本書ですが、個人的に面白くてイッキ読みしちまいました。

スプリットタンや刺青を好む若者なんていうと、それだけでひいてしま

いますが、閉塞されたアンダーグラウンドの底で蠢く主人公の内面を、

暴力や性に置き換えて表現しています。 もちろんこの表現方法を是と

するか非とするかで評価が分かますが、ブンガクというベクトルの延長

線上にあると考えればアリではないかと思います。 


とは言うものの、性描写ではストレートな言葉が使われているし、暴力的

な表現も多く見受けられます。 決してオススメはしませんが、そんなに

評判が悪いなら、どんなモノだか確かめてみたい!!という好奇心で読む

ならソンはしないと思います。

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「蛇にピアス」  金原ひとみ(10/19)

文芸春秋が出た時に図書館で「蹴りたい背中」と共に読みきってしまいました。
「蹴りたい背中」よりはストーリー性がしっかりしていると思います。イタイ・・・顔をしかめたくなるところもありますよね(苦笑)

 

Re:「蛇にピアス」  金原ひとみ(10/19)

私もポプリローズさんと同じ、文藝春秋で読みました。内容が衝撃的で目を瞠りながら読んだけど、文学としては「蹴りたい背中」の方がいいと思いました。
それにしても、そのコメントすごいですねえ。何を言うにしてももうちょっとブレーキかけてほしいですね。そこまで言うほどひどくはないよ。

 

Re:「蛇にピアス」  金原ひとみ(10/19)

こんにちは!

実はスプリットタンで引いてしまい。読んでいません。そのうち怖いもの見たさで読んでしまいそうです。

 

Re:「蛇にピアス」  金原ひとみ(10/19)

私も文藝春秋で読みました。特殊な状況を描いていますが、最後のほうでは若さゆえの孤独感・不安感が書き込めていると感じたので、その一点でまあいいか~。でした・・・

 

Re:「蛇にピアス」  金原ひとみ(10/19)

ラストが初版と単行本では違っているらしいですね、それ。
ところでなんだか最初から「バカにする」つもりで読んでいる人多いですよね、気に入らなければそっとしておけばよかろうものを・・・
金原ひとみ、先日ETV21で見ましたら、耳にいっぱい穴が開いていて、重たそうなピアスがいっぱいぶらさがり、耳が垂れておりました、なんか痛そうでしたよ(^Д^)

 

ポプリローズさん

こんばんはぁ~♪

>文芸春秋が出た時に図書館で「蹴りたい背中」と共に読みきってしまいました。
>「蹴りたい背中」よりはストーリー性がしっかりしていると思います。イタイ・・・顔をしかめたくなるところもありますよね(苦笑)

芥川賞作品あんまり読みませんが、最近の授賞作はプロットのしっかりした作品が多いですよね。 スプリットタンは痛そうですよね・・・

 

ぱぐら2さん

こんばんはぁ~♪

>私もポプリローズさんと同じ、文藝春秋で読みました。内容が衝撃的で目を瞠りながら読んだけど、文学としては「蹴りたい背中」の方がいいと思いました。

トンガっている作品という先入観があったんだけど、案外読みやすくて面白かったです。 メチャクチャな性描写はある意味で新鮮でした。

>それにしても、そのコメントすごいですねえ。何を言うにしてももうちょっとブレーキかけてほしいですね。そこまで言うほどひどくはないよ。

「文学=教養」というイメージをお持ちの方がこういうレビューをお書きになるのでは・・と思います。
芥川賞に関しては、その傾向が顕著ですからね。 まぁ~オモシロさに加えてある程度の斬新さがあればいいと思うんだけど。 

 

cyn1953さん

こんばんはぁ~♪

>こんにちは!

>実はスプリットタンで引いてしまい。読んでいません。そのうち怖いもの見たさで読んでしまいそうです。

スプリットタン痛そうですよね・・ジイサンやバアさんになったらすげぇ~後悔するかもしれません(笑)

 

読子さん

こんばんはぁ~♪

>私も文藝春秋で読みました。特殊な状況を描いていますが、最後のほうでは若さゆえの孤独感・不安感が書き込めていると感じたので、その一点でまあいいか~。でした・・・

そうですね!その特殊な状況が、芥川賞作品を手に取る読者層とあまりにも乖離しているせいで、的外れなレビューが多いのかもしれません。 アングラ世界の雰囲気がひしひしと伝わってきました。 あ~私はフツーの生活を送っていますよ(笑)

 

ままちりさん

こんばんはぁ~♪

>ラストが初版と単行本では違っているらしいですね、それ。
>ところでなんだか最初から「バカにする」つもりで読んでいる人多いですよね、気に入らなければそっとしておけばよかろうものを・・・

そうですね!自分の価値観のみで相手をこき下ろそうとする姿勢が垣間見えて不快だったりします。 最近はそういう傾向が強いんですかね?

>金原ひとみ、先日ETV21で見ましたら、耳にいっぱい穴が開いていて、重たそうなピアスがいっぱいぶらさがり、耳が垂れておりました、なんか痛そうでしたよ(^Д^)

ご本人はメディアで拝見したことはありませんが、翻訳家のお父さんの方はラジオ出演されているのを耳にしたことがあります。 ツボを心得たお話をなさる方でした。 

 

Re:「蛇にピアス」  金原ひとみ(10/19)

こんにちは~☆

わたしも皆さんと同じく文芸春秋買った気がします。
「蹴りたい背中」は読んだんだけど、「蛇にピアス」はなんだか少し読んで気分が悪くなってしまって・・・血とかそういうの想像すると首とか膝の裏がプルプルしちゃって駄目なんです。
でも好奇心はあるし、がんばって再チャレンジしてみようかな。。。

 

気味が悪いとう印象でした

私もこの本はぞくぞくしながら読みました。
渋谷の街を歩いてたらいそうな子達のおはなし。
なんだかすごく現実的でそっちの方が怖かった。

それにしてもきたあかりさんはどんな本でも腐すことなくすごいなぁ。

 

まる811さん

こんばんはぁ~♪

>こんにちは~☆

>わたしも皆さんと同じく文芸春秋買った気がします。
>「蹴りたい背中」は読んだんだけど、「蛇にピアス」はなんだか少し読んで気分が悪くなってしまって・・・血とかそういうの想像すると首とか膝の裏がプルプルしちゃって駄目なんです。

実はオイラも鼻ピアスしてるんで、感情移入しやすかったです。
というのはもちろんウソですが、パンク少女の葛藤がよく描けていたと思います。 初期の村上龍さんの作風ってこんな感じだったような・・・

>でも好奇心はあるし、がんばって再チャレンジしてみようかな。。。

まぁ~特に頑張る必要はないと思います(笑)

 

alisa1966さん

こんばんはぁ~♪

>私もこの本はぞくぞくしながら読みました。
>渋谷の街を歩いてたらいそうな子達のおはなし。
>なんだかすごく現実的でそっちの方が怖かった。

渋谷なんて20年ぐらい行ってないので、よくわかりませんが、千葉にもこういう人達います(笑)

>それにしてもきたあかりさんはどんな本でも腐すことなくすごいなぁ。

えっ~と、あまりにもつまらなかった本の感想はUPしていないという実態があったりします(汗)

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。