プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
10-07(日)

「冤罪者」  折原一


ノンフィクション作家・五十嵐友也のもとに届けられた一通の手紙。それは連続婦女暴行魔として拘置中の河原輝男が冤罪を主張し、助力を求めるものだった。しかし自らの婚約者を犯人に殺された五十嵐にとって、それはとても素直に受け取れるものではない。河原の他に真犯人がいるのだろうか。謎のまた謎の千枚。



<感想> ★★★★★

著者の折原一さんは、本格ミステリーの書き手として不動の地位を築いて

いる作家の一人です。 

前から書いていますが、私は本格ミステリーが苦手です。 こんなことを書

くと本格ファンのみなさんの顰蹙をかいそうですが、トリックや騙しに凝るあ

まり、人間や事件の本質に踏み込めていない作品が多いような気がするか

らです。 


そんな私が本書を手に取った理由は第118回の直木賞候補になっている

からです。 ちなみに118回の候補は、北村薫さん『ターン』、京極夏彦さん

『嗤う伊右衛門』、池上永一さん『風車祭』、そして桐野夏生さんの『OUT』

です。 選考結果は該当作なしでした。 


さて、文庫600頁の大長編である本書は二部構成です。 

前半は冤罪をめぐる社会派ミステリーの要素が強いので、大半の読者はす

んなり入ることが出来ます。 後半は折原一さんの十八番である本格ミステ

リーです。 前半でどっぷりストーリーにハマっているせいか、伏線が張り巡

らされた不自然な進行にもついていくことができます。 

ラスト100頁のヒキは秀逸で、折原一さんの文章力の確かさを思い知らされ

ました。 


ネタバレになるので本筋には触れませんが、ストンと落ちる結末も見事です。

ミステリーは好きだけど、本格は苦手とおっしゃる方に強くオススメいたします。

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「冤罪者」  折原一(10/07)

うわ~、なんかすっごくおもしろそうですね!
さっそくチェックしなくちゃ♪ 

 

hamutanさん

おはようございますぅ~♪

>うわ~、なんかすっごくおもしろそうですね!
>さっそくチェックしなくちゃ♪ 

本格というよりエンターテイメント巨編って感じです。面白いですよぉ~♪

 

Re:「冤罪者」  折原一(10/07)

きたあかりさんは、ほんとに本の紹介がお上手!すごくそそられます。
トリックに凝るあまり人間が描かれていないというのは、ほんとにそういうのあるな~って思います。でも、なんとなく違和感感じていても、そんなふうに的確に言えなかったなあ。
折原さんですね。メモメモ・・・

 

Re:「冤罪者」  折原一(10/07)

ぱぐら2さん同様、きたあかりさんは本当に本の紹介が上手ですね。的確にまとめてあっていいたい事もちゃんと伝わってきます。
だからみんな読んでみたくなっちゃって困ります。

 

Re:「冤罪者」  折原一(10/07)

こんばんは!

「きたあかりカフェ」で読書の幅が広がっています。これも、紹介さるがまま手に入れてしまうのでしょう。私が本格ミステリーをあまり読まないのは、謎がゴチャゴチャしてきてわけ分からなくなるからでして…(ハズカシ)。しかし、「きたあかりカフェにハズレなし」。

 

ぱぐら2さん

こんばんはぁ~♪

>きたあかりさんは、ほんとに本の紹介がお上手!すごくそそられます。

そんなコトないです・・(汗・汗)

>トリックに凝るあまり人間が描かれていないというのは、ほんとにそういうのあるな~って思います。でも、なんとなく違和感感じていても、そんなふうに的確に言えなかったなあ。
>折原さんですね。メモメモ・・・

的確かどうかはわかりませんが、ヲイヲイそれはないだろう・・というトリックでも人間ドラマがしっかり描かれていればいいんじゃないかと思います。 それを踏まえるなら貫井徳朗さんの『慟哭』などはいい出来だと思います。

 

ケイプコッドさん

こんばんはぁ~♪

>ぱぐら2さん同様、きたあかりさんは本当に本の紹介が上手ですね。的確にまとめてあっていいたい事もちゃんと伝わってきます。
>だからみんな読んでみたくなっちゃって困ります。

とんでもないですぅ~(汗)
感想って未読の人を前提にするか、既読の人を前提にするかで、かなり印象が変わると思います。 私の場合は前者が多いのでストレートな感想が伝わりにくいかなぁ~などと思ってます。

 

cyn1953さん

こんばんはぁ~♪

>こんばんは!

>「きたあかりカフェ」で読書の幅が広がっています。これも、紹介さるがまま手に入れてしまうのでしょう。私が本格ミステリーをあまり読まないのは、謎がゴチャゴチャしてきてわけ分からなくなるからでして…(ハズカシ)。しかし、「きたあかりカフェにハズレなし」。

本格モノって、フツーの小説を読む以上に集中力と読解力を要求されると思います。私もそのあたりが苦手です。 ハズレなし。。なんて恐れ入ります。生まれ変わったら競馬の予想屋さんにでもなりたいものです(笑)

 

Re:「冤罪者」  折原一(10/07)

確かにこれはとってもそそられます。
中身に触れずにこんなに読む気にさせるなんて、凄腕ですね!
今日図書館に行く用事があるので、さっそくチェックしてきま~す。

 

うなくるさん

こんばんはぁ~♪

>確かにこれはとってもそそられます。
>中身に触れずにこんなに読む気にさせるなんて、凄腕ですね!
>今日図書館に行く用事があるので、さっそくチェックしてきま~す。

エンターテイメントを中心に読まれる方なら、直木賞候補作品にハズレはないと思います。 

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。