プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
09-28(金)

「蹴りたい背中」 綿谷りさ


“この、もの哀しく丸まった、無防備な背中を蹴りたい”長谷川初実は、陸上部の高校1年生。ある日、オリチャンというモデルの熱狂的ファンであるにな川から、彼の部屋に招待されるが…クラスの余り者同士の奇妙な関係を描き、文学史上の事件となった127万部のベストセラー。史上最年少19歳での芥川賞受賞作。



<感想> ★★★★☆

アマ○ンをチェックすると400近くのカスタマーレビューが書かれている本書

ですが、酷評が目立ちます。 しかし、それほど悪くないだろう!!というのが

私の感想です。 


クラスの異端者である主人公ハツと、クラスメイトのにな川の奇妙な関係が軸に

なっていますが、この関係を恋愛に置換えてもいいし、ハツの抱える闇の部分を

クローズアップしてもそこそこ面白い作品に仕上がると思います。 読者ウケを

狙うことなく、あえて平板化した展開をチョイスした著者に作家としての強い意

志を感じます。 流れるような文章は軽さと紙一重ですが、平板な展開を引っ張

っていく牽引力と言い換えることも可能です。 


ただ『インストール』の感想でも指摘しましたが「10代の女性が書きましたよぉ~」

という姿勢が気になります。 まぁ~そこが、初期の綿谷作品の持ち味なんだろ

うと思いますが、同世代で老成した作品を描く島本理生さんの作品を読み慣れて

いると、そのあざとさと折り合いをつけるのに苦労するかもしれません。 

興味はあるけどまだ・・という方であれば一読の価値はあると思います。   
 
関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「蹴りたい背中」 綿谷りさ(09/28)

こんばんは♪
ちょっと気になっていた本です。綿谷さんはちょうど私と同世代なので、どんな本を書くのかな~??と興味津々です^^;

 

Re:「蹴りたい背中」 綿谷りさ(09/28)

こんばんは!
この間「インストール」を読んで、この作家さんの10代なりの感性を再評価しました。
実は「蹴りたい背中」を読んだとき、ついて行けんな~と感じて、以来敬遠していたのですよ。
きたあかりさんの紹介で再挑戦して評価がよい方に変わりました。

 

nanaco☆さん

こんばんはぁ~♪
コメントありがとうございます。

>こんばんは♪
>ちょっと気になっていた本です。綿谷さんはちょうど私と同世代なので、どんな本を書くのかな~??と興味津々です^^;

最年少で芥川賞を受賞したので、イロイロと言われているようですが、なかなか巧いし既存の作家にないオリジナリティーがあると思います。 

 

cyn1953さん

こんばんはぁ~♪

>こんばんは!
>この間「インストール」を読んで、この作家さんの10代なりの感性を再評価しました。

さすがに私も、話題性だけで芥川賞は獲れないというコトはわかっているつもりですが、読んでもいないのに敬遠してました(笑)

>実は「蹴りたい背中」を読んだとき、ついて行けんな~と感じて、以来敬遠していたのですよ。
>きたあかりさんの紹介で再挑戦して評価がよい方に変わりました。

『インストール』は、句読点の打ち方が斬新で、おぉ~と思いました。 いい意味でも、そうでない意味でもお若いなぁ~と思います。これからどう化けるかが楽しみです♪

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。