プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08-29(水)

「嗤う伊右衛門」  京極夏彦

疱瘡を病み、姿崩れても、なお凛として正しさを失わぬ女、岩。娘・岩を不憫に思うと共に、お家断絶を憂う父・民谷又左衛門。そして、その民谷家へ婿入りすることになった、ついぞ笑ったことなぞない生真面目な浪人・伊右衛門―。渦巻く数々の陰惨な事件の果てに明らかになる、全てを飲み込むほどの情念とは―!?愛と憎、美と醜、正気と狂気、此岸と彼岸の間に滲む江戸の闇を切り取り、お岩と伊右衛門の物語を、怪しく美しく蘇らせる。四世鶴屋南北『東海道四谷怪談』に並ぶ、著者渾身の傑作怪談。


<感想> ★★★★☆

恥ずかしながら京極作品初チャレンジです。

京極作品と言えばホラー。 ジャパニーズホラーの古典と言えば四谷怪談。

まさに究極のホラーという先入観がありましたが、日本人なら誰もが知って

いると思われるストーリーを独自の視点で描き、夫婦の愛情をベースにした

時代小説に仕上げています。 


この作品の魅力をいくつかあげるとすれば、悪役、脇役にいたるまでキャラ

が立っている点です。 従来の画一的なイメージしかなかった「お岩さん」

に対してもしっかりしたキャラクターを与えることによって、武家の娘であ

る民谷岩という女性が見事に立ち上がってきます。


もう一点挙げるなら、ラスト近くの描写です。

光と影、明と暗。 映像(特に最近の時代劇)で、しばしば効果的に使われる

技法ですが、それを文章で的確に描写するテクニックは秀逸としかいいようが

ありません。


ホラーは苦手だけど時代小説がお好きな方なら充分に楽しめる作品です。

未読の方はご一読をオススメいたします。



関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「嗤う伊右衛門」  京極夏彦(08/29)

今、京極堂シリーズの第六弾を読んでいるところです。これは未読なので、そのうち読みたいと思っています!

 

Re:「嗤う伊右衛門」  京極夏彦(08/29)

こんばんは!
京極夏彦の怪談はいつか読んでやろうと思っていますが、いまだ未読です。
いい機会ですので、今度手に入れてみます。
紹介ありがとうございました。

 

切ない本

多分出た頃に読んだので、記憶が結構あいまいですが、とても切ない恋愛小説だった印象が強いです。京極作品はとても振れ幅が広いので、一作目から好印象だったようで何よりです(^-^)この次に手をのばすとしたらやはり京極堂シリーズでしょうか……

ちょっと変わったところでは『ルー=ガルー ― 忌避すべき狼』がおすすめです。これはめっきりファンタジーものなので、京極ものの中では毛色がかなり違います☆

 

Re:「嗤う伊右衛門」  京極夏彦(08/29)

ワタシもいつか読みたいと思いながら いまだ未読な京極夏彦さん。
息子の本棚には ちょこちょこ並んでいるのでほんとに 近いうちに挑戦してみたいです。

 

hamutanさん

こんばんはぁ~♪

>今、京極堂シリーズの第六弾を読んでいるところです。これは未読なので、そのうち読みたいと思っています!

京極堂シリーズは根強い人気ですよね。
我が家にも数冊あります。奥さんが読んでいるようです。

 

cyn1953さん

こんばんはぁ~♪

>こんばんは!
>京極夏彦の怪談はいつか読んでやろうと思っていますが、いまだ未読です。
>いい機会ですので、今度手に入れてみます。
>紹介ありがとうございました。

京極堂シリーズが人気のようですが、未読です。
この作品はホラーと言うかフツーの時代小説です。
オススメですよ♪

 

ゆずりは文庫さん

こんばんはぁ~♪

>多分出た頃に読んだので、記憶が結構あいまいですが、とても切ない恋愛小説だった印象が強いです。京極作品はとても振れ幅が広いので、一作目から好印象だったようで何よりです(^-^)この次に手をのばすとしたらやはり京極堂シリーズでしょうか……

そうそう!京極作品はアクが強そうなのでハズすと怖いなぁ~という先入観があって未読です。 この作品はホラーと言うか時代小説に分類されると思います。

>ちょっと変わったところでは『ルー=ガルー ― 忌避すべき狼』がおすすめです。これはめっきりファンタジーものなので、京極ものの中では毛色がかなり違います☆

ほ~い!オススメありがとうございます♪
さっそくチェックしてみます★

 

kayokorinさん

こんばんはぁ~♪

>ワタシもいつか読みたいと思いながら いまだ未読な京極夏彦さん。
>息子の本棚には ちょこちょこ並んでいるのでほんとに 近いうちに挑戦してみたいです。

ホラー系は苦手なんでなかなか手が出ないんですよね~(汗)この作品は時代小説としても充分楽しめると思います。オススメですぅ~♪

 

Re:「嗤う伊右衛門」  京極夏彦(08/29)

以前本屋に勤めていた時、同じパートの人がいつも京極さんの本を買っていたのを思い出しました。
読んだことないので挑戦してみようかな。

 

ケイプコッドさん

>以前本屋に勤めていた時、同じパートの人がいつも京極さんの本を買っていたのを思い出しました。
>読んだことないので挑戦してみようかな。

ケイプコッドさんは時代小説をよくお読みになっているのでオススメです♪

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。