プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07-05(木)

137回芥川賞・直木賞候補作


第137回芥川賞、直木賞の候補作が発表になりました。

芥川賞ノミネート作品

円城 塔「オブ・ザ・ベースボール」(文學界六月号)

川上未映子「わたくし率 イン 歯ー、または世界」(早稲田文学0)

柴崎友香 「主題歌」(群像六月号)

諏訪哲史   「アサッテの人」(群像六月号)

前田司郎「グレート生活アドベンチャー」(新潮五月号)

松井雪子「アウラ アウラ」(文學界三月号)

芥川賞ノミネート作家の略歴



直木賞ノミネート作品

      


         


北村 薫「玻璃の天」(文藝春秋)

桜庭一樹 「赤朽葉家の伝説」(東京創元社)

畠中 恵 「まんまこと」(文藝春秋)

万城目 学 「鹿男あをによし」(幻冬舎)

松井今朝子 「吉原手引草」(幻冬舎)

三田 完「俳風三麗花」(文藝春秋)

森見登美彦 「夜は短し歩けよ乙女」(角川書店)

直木賞ノミネート作家の略歴

桜庭一樹さんが、ついに直木賞候補になりました。

ここ数年、ジュニア(児童)文学出身の作家が授賞する傾向が強いように

思いますが、ライトノベルからの道筋が出来たことになります。


森見さん、万城目さん、畠中さんの三氏は、過去一年間最も脚光を浴びた

作家だと思います、なんといっても前回に引き続いての

ノミネートである北村薫さんです。

まさかということはないと思いますが・・・・


選考会は7月17日17時からです。


関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

同時受賞

キャリアから言っても、人気度・知名度・貢献度も総合して、北村氏、畠中氏の直木賞同時受賞と予測します。
森見も好きですが、二人とはまだ格が違うと思います。

芥川賞のほうの人は、ひとっつも読んでません~
ので予測不可。

 

読子さん

こんばんはぁ~♪

>キャリアから言っても、人気度・知名度・貢献度も総合して、北村氏、畠中氏の直木賞同時受賞と予測します。

たしかに『ひとがた流し』はジミで直木賞向きではなかったと思いますが、連続ノミネートですからね・・

>森見も好きですが、二人とはまだ格が違うと思います。

おっしゃる通りです!私も北村ファンというワケではありませんが、明らかに格が違います!!

>芥川賞のほうの人は、ひとっつも読んでません~
>ので予測不可。

私も柴崎友香さんをパラパラ読みした程度です。
まぁ~芥川賞は純文学ですから・・(汗)

 

Re:137回芥川賞・直木賞候補作(07/05)

きたあかりさん、情報が早いですね。今知りました。
私は全然予想できないけど、読みたい本が何冊かあります。いつも同じようなジャンルになってしまうんだけどね。

 

こんばんは

発表されましたねー★今回は芥川賞の方の候補者が結構テレビで話題になっていて、社会的に(?)ニュースなっているようですね。

私も芥川賞より直木賞の動向の方が気になります。北村薫が取れば一番納得できそうなのですが、その一方で森見登美彦が取ったらまた面白うそうだな、とも思います。どうなるでしょうか(^-^)

TBさせていただきますね♪

 

Re:137回芥川賞・直木賞候補作(07/05)

こんばんは!
北村薫 「玻璃の天」を今読み終わろうとしています。イイ本です。「ベッキーさんとわたくし」シリーズですが、俄然内容が濃くなっています。
私はこれだと思います。もう受賞してもイイですよね。

畠中 恵 「まんまこと」
「しゃばけ」から新たな新境地ですか?
畠中さんの江戸ものはおもしろい。

 

Re:137回芥川賞・直木賞候補作(07/05)

北村 薫 「玻璃の天」は雑誌に掲載されたときに読みました。なかなかよかったです。
松井今朝子 「吉原手引草」は図書館の予約o.k.待ちです。新聞の書評で評価が高かったので首を長くしているところです。
万城目 学は「鴨川ホルモー」を読んでいるところです。まあ、面白いですがあまり好みのタイプではないかな。
森見登美彦とバックグラウンドが似ていて錯覚しそう。ふたりとも京大でていて 京都が舞台のものを書くので。「夜は短し。。。」は途中で無念のリタイアしてしまいました。ちょっとダメです、こういうの。。。
芥川賞はホント、初めて聞く名前ばかり。。。

 

ケイプコッドさん

こんにちはぁ~♪

>きたあかりさん、情報が早いですね。今知りました。

まぁ~祭りのようなものですからね・・(笑)

>私は全然予想できないけど、読みたい本が何冊かあります。いつも同じようなジャンルになってしまうんだけどね。

今回の直木賞ノミネートは時代小説多いですよね!
お読みになったら感想聞かせてくださいませ♪

直木賞

 

ゆずりは文庫さん

こんにちはぁ~♪

>発表されましたねー★今回は芥川賞の方の候補者が結構テレビで話題になっていて、社会的に(?)ニュースなっているようですね。

最近、あんまりTV見てないんだけど、世間は芥川賞に注目してるんですね・・

>私も芥川賞より直木賞の動向の方が気になります。北村薫が取れば一番納得できそうなのですが、その一方で森見登美彦が取ったらまた面白うそうだな、とも思います。どうなるでしょうか(^-^)

おいらも直木賞が気になります。 北村薫さんに関しては、何で今さら・・という気持ちもあるんだけど、貢献度を評価してもらいたいです。 

>TBさせていただきますね♪

ありがとうございます♪
あとでおじゃまします☆

 

cyn1953さん

こんにちはぁ~♪

>こんばんは!
>北村薫 「玻璃の天」を今読み終わろうとしています。イイ本です。「ベッキーさんとわたくし」シリーズですが、俄然内容が濃くなっています。
>私はこれだと思います。もう受賞してもイイですよね。

直木賞はあくまで作品に・・と言う前提だと思いますが、前回該当ナシで今回もノミネートというのがちょいとガテンがいきません。 今回は授賞してもらいたいです♪

>畠中 恵 「まんまこと」
>「しゃばけ」から新たな新境地ですか?
>畠中さんの江戸ものはおもしろい。

『しゃばけ』積読になってますぅ~(汗)

 

りりぃ1549さん

こんにちはぁ~♪

>北村 薫 「玻璃の天」は雑誌に掲載されたときに読みました。なかなかよかったです。

「玻璃の天」はシリーズものですが、みなさんの評価高いですね!ぜひ授賞してもらいたいものです!!

>松井今朝子 「吉原手引草」は図書館の予約o.k.待ちです。新聞の書評で評価が高かったので首を長くしているところです。
>万城目 学は「鴨川ホルモー」を読んでいるところです。まあ、面白いですがあまり好みのタイプではないかな。
>森見登美彦とバックグラウンドが似ていて錯覚しそう。ふたりとも京大でていて 京都が舞台のものを書くので。「夜は短し。。。」は途中で無念のリタイアしてしまいました。ちょっとダメです、こういうの。。。

おぉぉ~実は私も「夜は短し。。。」ちょっと読んで積読になってます(汗)二回チャレンジしていますが、ちょっとダメかもしれません・・・・

>芥川賞はホント、初めて聞く名前ばかり。。。

柴崎友香さんは作品が映画化されています。
パラパラ読みですが、読みやすかった印象があります♪

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。