プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
05-05(土)

「邂逅の森」 熊谷達也


秋田の貧しい小作農に生まれた富治は、伝統のマタギを生業とし、獣を狩る喜びを知るが、地主の一人娘と恋に落ち、村を追われる。鉱山で働くものの山と狩猟への思いは断ち切れず、再びマタギとして生きる。失われつつある日本の風土を克明に描いて、直木賞、山本周五郎賞を史上初めてダブル受賞した感動巨編。



<感想> ★★★★★

以前、リンク先の方の感想を拝見して気になっていた一冊です。

本書は大正末期から昭和初期を舞台にするマタギの物語。

マタギとは北海道から日本海側の東北地方に存在した狩猟集団です。 

頭領(スカリ)と呼ばれるリーダーを先頭にカモシカや熊をその対象にし

ますが、活動の時期は農閑期。 厳冬期の山に踏み入ることは、半ば死

を意味しているせいか、語り継がれるオキテや伝統は、自然に対して敬虔で、

同時にそれは、彼らが猟師でもハンターでもなくマタギと呼ばれる所以に

もなっています。

さて、この手の作品は徹底した取材が要求されるせいか、自然主義(写実

主義)を重んじる傾向が強いように思います。 つまりはストーリーより

は対象の風俗や習慣を中心に描くということです。 もちろん、それを否定

するつもりはありませんが、普段エンターテイメント中心の読書をしている

と物足りなさを感じてしまうのも事実です。 しかし、本書では主人公の半生

を中心に据えることで、読者を飽きさせることのない超一級のエンターテイ

メントに仕上げています。 特に壮年に至った主人公と山のヌシである熊との

格闘は圧巻です。 ちょっとやりすぎの感は否めませんが、自然の脅威をエン

ターテイメントの手法で・・という点を踏まえるなら、王道なのではないかと

思います。 


マタギに関しては、西村晃(←二代目黄門様)が老マタギを演じた『マタギ』

という映画があります。 残念ながらDVDは出ていないようですが機会があ

ればぜひ♪
関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

オール読物で

連載中に読みました。この人の作品は骨太でいいですね。蓑作りの小説も書いていて、こういうのを読んでいくと「サンカ」にも繋がっていきます。好きな内容ですが、どれも大長編なんだよね・・・。

 

読子さん

こんばんはぁ~♪

>連載中に読みました。この人の作品は骨太でいいですね。蓑作りの小説も書いていて、こういうのを読んでいくと「サンカ」にも繋がっていきます。好きな内容ですが、どれも大長編なんだよね・・・。

感想をUPしていませんが、事前に読んだ作品がちょっと軽かったので、どんな感じかなぁ~と思っていたんですがおっしゃる通り「骨太」でした。 

「サンカ」初めて聞く言葉ですが、関連書がたくさんでているようですね。またひとつおリコウにになってしまいました♪

 

Re:「邂逅の森」 熊谷達也(05/05)

きたあかりさん、連休中は大作に挑まれましたね。
自然主義、というのはどうも苦手で今まで避けていましたが これはエンターテイメントに仕上がっているとのこと、興味がわいてきました。
二つのビッグな賞を同時受賞、というだけで そのすごさがわかります。

 

りりぃ1549さん

こんばんはぁ~♪

>きたあかりさん、連休中は大作に挑まれましたね。

私はGWありませんでしたが、仕事そっちのけで読んじまいました(汗)

>自然主義、というのはどうも苦手で今まで避けていましたが これはエンターテイメントに仕上がっているとのこと、興味がわいてきました。
>二つのビッグな賞を同時受賞、というだけで そのすごさがわかります。

とにかく牽引力のある作品です。
基本的に直木賞はハズレがないと思います♪
文庫も出ているしオススメですよん♪

 

Re:「邂逅の森」 熊谷達也(05/05)

おはようございま~す。
「邂逅の森」、読まれたんですね!

>ちょっとやりすぎの感は否めませんが、

そうそう。ラストの部分、特に女の私は、帰りを待つ側の気持ちを考えてしまって、「ちょっと待ったー!」という気分になってしまいました(笑)。
でもまさにいぶし銀の魅力に溢れていて、読み応えの合う作品でした。
きっと女性よりも、男性のほうにより多く支持されるんじゃないでしょうか。

TBお願いしますね!

 

hako0418さん

こんにちはぁ~♪

>おはようございま~す。
>「邂逅の森」、読まれたんですね!

hakoさんの感想を拝見してからずぅ~と気になっていました。面白かったですぅ~♪ありがとうございました♪

>>ちょっとやりすぎの感は否めませんが、

>そうそう。ラストの部分、特に女の私は、帰りを待つ側の気持ちを考えてしまって、「ちょっと待ったー!」という気分になってしまいました(笑)。
>でもまさにいぶし銀の魅力に溢れていて、読み応えの合う作品でした。
>きっと女性よりも、男性のほうにより多く支持されるんじゃないでしょうか。

自然との対峙に置き換えると、あんな感じになるんだと思いますが、もうちょっと静かな方が自然の荘厳さが感じられるのではないかと思います。 まぁ~見せ場だとは思うんですけどね。

>TBお願いしますね!

ありがとうございます!
後でうかがいます♪

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。