プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04-21(土)

「夜をゆく飛行機」 角田光代



どうしようもなく、家族は家族。うとましいけど憎めない、古ぼけてるから懐かしい、変わらぬようで変わりゆく谷島酒店一家のアルバム。直木賞受賞後、初の長篇。




<感想> ★★★★☆

先日『薄闇シルエット』の感想をUPした時に『対岸の彼女』以来の長編で

はないか?と書きましたが、実は昨年の7月に上梓された本書が授賞後初長

編にあたるようです(汗)

さて、角田光代さんと言えば作品に散りばめられた特有の毒のせいで、好き

嫌いがはっきり分かれる作家ですが、数少ない長編作品は毒を弱めて、読み

やすさを重点に置いて書かれているのではないかと感じます。 

そんな本書は四人姉妹の末っ子が語り手になっている酒屋一家の物語です。

一年365日に四季があるように家族にも四季があります。 その季節ごとに家

族の果たす役割は変化していくわけですが、一つの季節の終わりを情緒たっ

ぷりに描いています。 

のほほ~んとしている父親やユーモアたっぷりの語り口は『ちびまるこちゃん』

のそれを思わせます。 思えば『ちびまるこちゃん』が世代を問わず長く支持

されているのは、疎ましいと感じながらも、二度と取り返すことの出来ない日々

がそこにあるからなのかもしれません。

 
関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「夜をゆく飛行機」 角田光代(04/21)

角田さん、たくさん読んでいますね。フリーページをのぞいてみました。長編いいな~メモしておきます。
昨日のまるちゃんちょっと見ました。「フランス高級菓子」と紹介されていたクッキー、偶然にもうちにも同じ物があってびっくり!!

 

ケイプコッドさん

こんばんはぁ~♪

>角田さん、たくさん読んでいますね。フリーページをのぞいてみました。長編いいな~メモしておきます。

実は先週、角田さんを二冊読みましたぁ~あとでもう一冊UPする予定です。 短編はイタい作品が多いけど長編は読者を選ばないという感じです。『薄闇シルエット』と併せてオススメですよん♪

>昨日のまるちゃんちょっと見ました。「フランス高級菓子」と紹介されていたクッキー、偶然にもうちにも同じ物があってびっくり!!

おぉ~高級ですかぁ~(笑)
そういえば子供の頃、フランス=ゴージャスみたいな図式が成り立っていたような気がします。最近は舶来品なんて言葉も聞かなくなりましたね。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。