プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12-30(日)

2012 年間ランキング

早いもので2012年も残り二日となりました。

今年読んだ本は196冊。
2月から10月まで蟄居していたので、もう少し読めると思っていましたが例年の1.5倍程度でした。 どうせ毎日家にいるんだからいつでも読めるじゃん・・という気持ちになるせいなのでせうか?

というわけで私の年間ベスト20は以下の通りです。
画像をクリックすると読書メーターの詳細ページに飛びます。


2012.jpg

1位 『ラブレス』
直木賞候補になった時点で気になっていましたが、装丁とタイトルから想像の出来ない読み応えでした。 女性三代のストーリーはもちろんですが、女性をここまで泥臭く描いた点がツボでした。

2位 『終わらざる夏』
今までほとんど知られることなかった占守島の戦闘をテーマに元自衛官の著者が描く群像劇。 これを書きたかった!!浅田次郎さんの想いがダイレクトに伝わる重厚な作品でした。

3位 『かなたの子』
ここしばらく大御所になって丸くなっちゃった??という作品が多かった角田光代さんでしたが、血と土の匂いのする異色の作品集はキレ味抜群でした。 泉鏡花文学賞授賞に激しく頷きました。



7位 『ぴんぞろ』
アンソロジーで偶然読んだ戌井昭人さん。 ここ数年芥川賞候補になっていますが、ガチガチの純文学ではないゆる~い場末感が激しくツボりました。 他の作品にも出てくるいい加減な感じのキャラクターがすごくイイです。

9位 『炭鉱に生きる』
明治~昭和初期の炭鉱を画と文章で記録した著者はノンフィクションライターでも画家でもない筑豊の炭鉱夫です。 長らく絶版でしたが、著者の遺した記録がユネスコの世界記憶遺産に登録され新装版が出ました。
作中に出てくる麻生は元首相の生家。 それを踏まえると「近代日本を根底で支えた魂の記録」的な言い方もできるわけですが、朴訥な語り口とヘタウマ調の絵が近所の爺サマの昔語りを聴いている気分にさせられます。まさに良書と言うに相応しい作品です

19位 『つげ義春の温泉』
著者が旅をした昭和40年代~50年代の湯治場の様子が描かれています。 文章、漫画、写真を駆使して描かれる湯治場の貧乏臭さは天下一品です。 
絶版が悔やまれますが、ここで書かれた大半の湯治場は現在でも健在です。

20位 『カレチ』 週刊『モーニング』月一連載中
昭和40年代後半からの国鉄を舞台にした作品です。 当初は単なるノスタルジー鉄ちゃん漫画として読んでいましたが、ここで描かれる仕事の本質や無骨なオッサン達の姿は鉄道の世界に留まるものではありません。 
ここ数年労働環境は厳しくなるばかりで、ともすればそれに翻弄される毎日だったりもします。 仕事をする本当の意味を考えさせてくれる作品です。 
関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。