プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07-06(金)

第147回芥川賞・直木賞候補作発表

第147回(平成24年上半期)芥川賞・直木賞の候補作が発表になりました。


芥川龍之介賞候補作品

戌井昭人  「ひっ」

鹿島田真希 「冥土めぐり」

鈴木善徳   「河童日誌

舞城王太郎 「短篇五芒星」

山下澄人   「ギッちょん」




鹿島田真希さんは4度目のノミネート。 舞城王太郎さんと戌井昭人さんは3度目です。
初ノミネートの山下澄人さんは戌井昭人さんと同じく演劇界の方です。 
個人的には戌井昭人さんイチオシですが、鹿島田真希さんあたりが本命かな?


選考委員は都知事(石原慎太郎)と黒井千次さんのお二人が外れて、
堀江敏幸さんと奥泉光さんのお二人が参加されます。




直木三十五賞候補作品

朝井リョウ 「もういちど生まれる」(幻冬舎)

辻村深月 「鍵のない夢を見る」(文藝春秋)

貫井徳郎 「新月譚」(文藝春秋)

原田マハ  「楽園のカンヴァス」(新潮社)

宮内悠介 「盤上の夜」(東京創元社)



辻村深月さんと貫井徳郎さんが三度目のノミネートです。
原田マハさんはこの作品で山本周五郎賞(←新潮の直木賞っぽい賞)を受賞しています。 
おそらく、ここ数年では最も平均年齢の低い直木賞ではないでしょうか?個人的には貫井徳郎シフトだと思います。 辻村深月さん山本周五郎賞では前回のノミネート作が高評価だったようですが、こちらではめちゃくちゃ言われてたんですよね。 さて、いかがなものでせうか?


直木賞候補作はすべて既刊です。 図書館予約はお早めに!!

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

貫井シフト

同感です。なんていいながら一冊も読んでいないのですけどね。

朝井くんは話題集めみたいな。。。。。

そろそろ宮下奈都さんあたりに「これ!」というものを書いてもらいたいです。

 

Re: 貫井シフト

> 同感です。なんていいながら一冊も読んでいないのですけどね。
今『新月譚』読んでます。 

> 朝井くんは話題集めみたいな。。。。。
そうですね。 芥川賞は新人対象ですが直木賞に関してはベテラン作家に受賞してもらいたいと思います。
原田マハさんも評判いいですね。

> そろそろ宮下奈都さんあたりに「これ!」というものを書いてもらいたいです。
激しく同意します!!幸か不幸か癒し系の売れ筋路線に乗ってしまったせいで、読み応えイマイチのキャッチー(わかりやすい)な作品が多いですよね。 技巧派なので初期のような短編をじっくり書いていれば芥川賞狙いでもよかったかも・・なんて思います。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。