プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04-10(火)

「花桃実桃」 中島京子






【内容情報】(「BOOK」データベースより)
40代シングル女子まさかの転機に直面す。昭和の香り漂うアパートでへんてこな住人に面食らい来し方をふり返っては赤面。行く末を案ずればきりもなし…ほのぼの笑えてどこか懐かしい直木賞作家の最新小説。




<感想> ★★★★☆

父親の遺したボロアパートを管理するようになった40代の独身女性が主人公の本書は、連作短編形形式の作品です。


ボロアパートといえば70年代っぽい雰囲気ですが、似た設定の近作では三浦しをんさんの『小暮荘物語』や島本理生さんの『真綿荘の住人たち』。 伊藤たかみさんの『そのころ、白旗アパートでは』などがあります。 ぼろアパートものブーム??『めぞん一刻』再ブレイクの兆しかもしれません。(笑)


さて、前段であげた四作との大きな違いは40代独身女性の主人公に配している点で、そこが本書のキモです。 結婚に若干の未練を残しつつ、イイ感じに開き直っているキャラクターに好感を持つ読者は多いはずです。 私は小林聡美さんに置き換えて読み進めました。 


とにかく作品全体を覆う雰囲気がとてもいいです。 父親の愛人だった住人とのビミョーなギクシャク感や、男友達との距離感を描くさまも秀逸です。 脇役であるヘンな住人たち。 私は整形美女の日名子さんがツボでした。


近代文学のトリビュート作品を手がけていた直木賞以前の作品と比較するならとかなり読みやすくなっていますが、文章のクオリティーは維持されています。 中島京子さんイイ感じに化けている印象を受けました。 世代や性別を問わない作品ですが、笠智衆をご存知のない方は若干の予習をすると、それ以上に楽しめるはずです。




   




関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。