プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03-28(水)

「紙の月」  角田光代






【内容情報】(「BOOK」データベースより)
わかば銀行から契約社員・梅澤梨花(41歳)が1億円を横領した。梨花は海外へ逃亡する。彼女は、果たして逃げ切れるのか?あまりにもスリリングで狂おしいまでに切実な、角田光代、待望の長篇小説。





<感想> ★★★★★

本書は今月出た角田光代さんの最新刊です。 
あらすじを読む限りでは一億円を横領した女の逃避行的なイメージを抱きますが、メインストーリーは横領から発覚までです。 そこに主人公と過去に関わっていた同世代の男女3人を配して、その深層心理を描く作品です。


さて、一年半ぶりの長編である本書は角田毒炸裂しまくりです。 まじめで正義感の強い主婦である主人公の梨花が、横領にまで至るまでの描き方がハンパではありません。 人が金の奴隷になって堕ちていくさまがヨーシャなく描かれています。 


この作品の評価は読者がこの主人公を客観的にイタイ女(他人事)と読むのか?激しく感情移入をして読むのか?がポイントになってくるわけですが、ここで効果的な役割を担っているのが同世代の3人です。 私たちは一億円を横領するまでには至らなくても、主人公と似た性質を持っている3人のうちの誰かと共鳴する部分を持ち合わせている筈です。 


この3人を触媒として読者を限りなく主人公に近づける手法は見事です。 もちろん、主婦である彼女たちの抑圧された心理を描くさまは言うまでもありません。 


私が特に強く感じたのは彼女たちの考え方や行動パターンのリアルさです。  ただ、それはどの世代においても共通のものではありません。 社会に出る寸前のタイミングで金銭の持つ力の前にひれ伏し、子供が手を離れる頃にはアラフォーなどと持ち上げられて商業主義のターゲットにされている。 私も含めて、そんな時代を生きてきた読者にとって、この物語とてつもなく怖いはずです。


真新しい石鹸のような、高校生の頃の梨花の笑顔が自然に思い浮かぶ。 りかちゃん。 木綿子はその笑顔に向けて問いかける。 あなたは何を買ったの?何を手に入れようとしたの?その問いは、いつにまにか木綿子に向けられている。 私は何のために節約してきたの。 なんのために貯蓄しようとしているの。 それで何を得るつもりなの。


長編前作の『ツリーハウス』でちょっと違うかも・・・・と思われた角田ファンに強くおススメします。 角田毒を思う存分ご堪能くださいませ。(笑)


余談ですが、タイトルはJAZZスタンダードの”It's Only a Paper Moon”から来てると思います。  梨花の心理をよく表していて秀逸です。

Say, its only a paper moon
Sailing over a cardboard sea
But it wouldn't be make-believe
If you believed in me ・・・・・・


そうよ、ただの紙のお月様
厚紙の海を帆走してゆく
でも、見せかけのものにはならないわ
あなたが私を信じてくれているなら・・・・・








関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

紙の月

紙の月(2012/03)角田 光代商品詳細を見る わかば銀行から契約社員・梅澤梨花(41歳)が1億円を横領した。梨花は海外へ逃亡する。彼女は、果たして逃げ切れるのか?あまりにもスリリングで狂... ...

 
 

Comment


 

また先を。。。

越されてしまいました。こっちの順番はまだ先のようです。

そうですか、そうですか。ああ、早く読みたい~。

 

Re: 椋とんびさん

>越されてしまいました。こっちの順番はまだ先のようです。

楽天で誕生日の期間限定ポイントがついていたので買ってしまいました。

>そうですか、そうですか。ああ、早く読みたい~。

本は逃げないので大丈夫ですよ(笑)

きたあかりv-512

 

Re:あっきょさん

>きたあかりさんは浜村淳のようですね(関西では有名で、映画の粗筋を語らせたら右に出るものはいない程、雄弁でその映画が観たくなる)

こんばんわ。 浜村淳でゴザイマス。・・・・ですよね(笑)
最近関東ローカルではお姿を拝見しませんが、映画紹介はなかなかの名調子ですよね。
ラジオはまだおやりになっているのでしょうか?

>『紙の月』めちゃめちゃ読みたくなりました。

バブル世代には超おススメっすよ!!

きたあかりv-512

 

はじめまして

こんにちは。sonatineといいます。
わたしは客観的にイタイ女としてみたので、きたあかりさんの感想はとっても興味深いです。
浪費する梨花と節約に精を出す木綿子の対比も興味深かったですね。
>何を手に入れたの?
はドキッとしました。

 

Re: はじめまして

>こんにちは。sonatineといいます。

コメントとTBありがとうございました。

>わたしは客観的にイタイ女としてみたので、きたあかりさんの感想はとっても興味深いです。

角田光代さんは同世代なので、かなりビンビン来ます。
私の世代(バブル)と比較するなら、男女を問わず若い世代の人たちはしっかりしているなと感じます。

>浪費する梨花と節約に精を出す木綿子の対比も興味深かったですね。
>何を手に入れたの?
>はドキッとしました。

お金を得て何かをするのではなく、お金を得ることが目的になっているような気もするんですよね。 私もドキリとさせられました。

きたあかりv-512

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。