プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03-06(火)

2月の書籍代 その2



つげ義春の温泉つげ義春の温泉
つげさんが旅をした昭和40年代~50年代の湯治場の様子が描かれています。 漫画以外にも写真やエッセイを駆使して表現される貧乏くささは天下一品です。 私自身は、つげファンでも温泉マニアでもありませんが今まで読んだ旅モノ(紀行文)の中ではベスト1です。 絶版になっているのが悔やまれます。 詳しい内容はこちら→ http://www.mugendo-web.com/y_tsuge/onsen.htm
読了日:02月03日 著者:つげ 義春



天頂より少し下って天頂より少し下って
今まで、いろんなアンソロジーに掲載されたものを一冊にまとめた短編集。 私は3作品が再読となりました。 若い方からアダルトな方まで楽しめる「沁みる系」がチョイスされているように感じました。 個人的には、川上さん独特の惚けと浮遊感が漂う 『一実ちゃんのこと』がツボでした。
読了日:02月03日 著者:川上 弘美



寒灯寒灯
貫太&明恵シリーズはDV小説的な読み方もできるわけですが、貫太の独りよがりの考え方や理不尽なキレ具合に私は渥美清が演じた車寅次郎的なものを感じました。 その境界線ってかなりビミョーで曖昧なんだけど、そこをしっかり意識して書かれているのではないかと思います。 
読了日:02月02日 著者:西村 賢太

2012年2月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。