プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01-04(水)

『ひまわり事件』 荻原 浩




実行犯は、ジジババと幼稚園児?隣接する有料老人ホーム「ひまわり苑」と「ひまわり幼稚園」。老人とガキどもの不思議な交流、やがて起こるカゲキな「事件」とは?荻原浩渾身の熱血幼老小説!-。



<感想> ★★★★☆

昨年(2011年)は荻原浩さんの作品を数多く読みました。

そこで学んだのは荻野作品は、あらすじを読んで絶対につまんない

だろうな・・・思うものほど面白いということです。


本書もひとことで言うなら子供と老人のドタバタですが、それぞれの

キャラクター創りが丁寧なので、奥行きがあって行間もたっぷり読ま

せてくれます。 


徐々にハードボイルド爺と化していく誠次がツボでした。 こんな爺

サマになりたいものです。(笑)

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:『ひまわり事件』 荻原 浩

物凄くわかります。
日常生活の話しが荻原さんに書かせりゃ、面白、おかしく、切ない一冊の本になってるんですよね。

 

あっきょさん

>物凄くわかります。
>日常生活の話しが荻原さんに書かせりゃ、面白、おかしく、切ない一冊の本になってるんですよね。

それだけ日常はドラマチックということなのかもしれませんね。 

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。