プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
10-02(日)

9月の書籍代


久しぶりにロールちゃんのサイトに行ったらブックカバーが

ダウンロードできるようになっていました。

こんな感じです↓

P1040359
P1040359 posted by (C)きたあかり

詳しくはこちら


そうそう、先日職場で異動の内示を受けました。

ここ5年間で4回目の異動になります。 

そろそろ、会社のたらいまわし追い込み作戦に屈してしまいそうです。 



というわけで9月の書籍代です。

10冊 105円


ここ何回か芥川賞候補になっている松尾スズキさん。

作品初読みでしたがイイ感じでした。


9月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2912ページ
ナイス数:98ナイス

クワイエットルームにようこそ (文春文庫)クワイエットルームにようこそ (文春文庫)
芥川賞ノミネートの時は「ゲロ」が一人歩きしていて読む気がしませんでしたが、思った以上に読みやすい作品でした。 女性の痛さといえば女性作家の専売特許のようなところがありますが、松尾スズキさんはそのあたりも巧みだと感じました。 
読了日:09月29日 著者:松尾 スズキ

七月七日七月七日
第二次大戦中、太平洋戦線に投入された日系二世の心情を描いた作品。 日系二世の苦悶を見事に描ききっています。 ラストの七夕のシーンが秀逸でした。
読了日:09月28日 著者:古処 誠二

水の中のザクロ水の中のザクロ
いろんなアンソロジーで名前をみかける稲葉真弓さんの長編。 健康ランドを行き来する人たちの描写が秀逸でした。 それぞれの物語に深く入り込んでいくと読み物として面白くなっていくんだろうと思いますが、そこまで描かないのが稲葉さん流なのかもしれません。 健康ランドはあまり行ったことはありませんが、この雰囲気はパチンコ屋のそれに似ています。(笑)
読了日:09月25日 著者:稲葉 真弓

少女地獄 (角川文庫)少女地獄 (角川文庫)
表題作のみ青空文庫で読了。この作品に限らないけど戦前の大衆文学は漢字の使い方が面白い。「なんでもない」がよかった。いつの時代にもこういう女性はいるんですね。
読了日:09月23日 著者:夢野 久作

ちょんまげぷりん (小学館文庫)ちょんまげぷりん (小学館文庫)
表紙が漫画。改行が多くて余白が多い。そしてなにより中身が軽い。でも面白いから二重丸っす。「まっぴら将軍」に笑いました。続編も読みたい。
読了日:09月23日 著者:荒木 源

ひまわり事件ひまわり事件
荻原浩さんの作品はあらすじを読んで「つまんなそうだなぁ~」と思わせる作品ほど面白い。 本書も端的に言えば老人と子供のドタバタですが、それぞれのキャラクター創りが丁寧なので奥行きがあって行間もたっぷり読ませてくれます。 徐々にハードボイルド爺と化していく誠次がツボでした。 こんな爺サマになりたいものです。(笑)
読了日:09月20日 著者:荻原 浩

超魔球スッポぬけ!超魔球スッポぬけ!
朱川 湊人さんの爆笑系エッセイ。端々に出てくるおっさんホイホイにハマりました。
読了日:09月20日 著者:朱川 湊人

夜を着る夜を着る
男女間のスリリングなシーンを描かせれば井上荒野さんに敵う作家はいないのではないか?と思わせる作品集でした。これからも大人が満足できる作品を手掛けて欲しいものです。「ヒッチハイク」と「よそのひとの夏」にシビれました。
読了日:09月12日 著者:井上 荒野

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
文中に「五年後だったら・・」という箇所がありますが、今は戦争体験者から直接話を聞くギリギリのタイミングなのかもしれません。 戦後21年目に生まれた私はそれをどのように次の世代に伝えていくのか?などと昨今考えています。 おそらく百田さんもそんな想いを持っているのではないかと思います。 この本がさらに多くの人たちに読まれることを強く希望します。
読了日:09月08日 著者:百田 尚樹

勝手にふるえてろ勝手にふるえてろ
ちょっとライトになった気もするけど、さりげなく書かれているひとことが巧みだと思います。 主人公のキャラは夏石鈴子さんの「あおば」に似ているかなぁ~と感じました。後半は電車の中で読むとキケンです(笑)
読了日:09月04日 著者:綿矢 りさ


2011年9月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター


関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

大丈夫!!

5年で4回の移動は多いですなあ。
大丈夫です!!あたしも今度の会社では移動があります。
といっても、市内の店舗を移動になるらしいのですが慣れきた頃(1年または2年後)を考えているとのことです。
今まで移動がない職場でしたので、戸惑いはあると思いますがなんとかなると思っています。
よしよし、思いきり泣いてよくってよ。
きたあかりさんに向かって気が楽になるような電波を流しました。受け取って下さい。
本は「ちょんまげぷりん」が気になりました。
きたあかりさんの紹介でないと絶対に手に取らないと思います。

 

まるまろうさん

>5年で4回の移動は多いですなあ。
>大丈夫です!!あたしも今度の会社では移動があります。
>といっても、市内の店舗を移動になるらしいのですが慣れきた頃(1年または2年後)を考えているとのことです。
>今まで移動がない職場でしたので、戸惑いはあると思いますがなんとかなると思っています。
>よしよし、思いきり泣いてよくってよ。
>きたあかりさんに向かって気が楽になるような電波を流しました。受け取って下さい。

届きましたよぉ~ありがとうございます。
次はういろうも一緒にお願いします。(笑)
先日、異動を機に退職した元同僚と会いましたが、とても元気そうでした。 まぁ~気楽に行こうと思います。

>本は「ちょんまげぷりん」が気になりました。
>きたあかりさんの紹介でないと絶対に手に取らないと思います。

この本はずいぶん売れていたので気になっていたんですよ。 まぁ~軽いといえばそれまでなんだけど、江戸時代からタイムスリップしてきた侍の言動がとても面白いです。 今、続編を読んでます。

 

Re:9月の書籍代(10/02)

こんばんわー☆

ロールちゃん、あんまり新作出ないですねぇ~。
わたしが見つけてないだけ…??
そういえばちょっと前に食べた山ぶどうゼリーは個人的には×でした。笑

おぉ、異動ですか~。
わたしは全く異動とかないので、そろそろ眠りながら仕事できそうです。
腕があと2本あれば読書しながらでもいいかもなぁ。

「永遠の0」、ひそかにずっと気になってます。
きたあかりさんの評価も高いしやっぱり読んでみようかなぁ。。。

 

まる811さん

こんばんはぁ~♪

>こんばんわー☆

>ロールちゃん、あんまり新作出ないですねぇ~。
>わたしが見つけてないだけ…??
>そういえばちょっと前に食べた山ぶどうゼリーは個人的には×でした。笑

「山ぶどうゼリー」は未体験ですが「秋の収穫祭」はそれほど甘くなくてグッドでした。 かぼちゃが苦手じゃなければ超おススメっすよ!!

>おぉ、異動ですか~。
>わたしは全く異動とかないので、そろそろ眠りながら仕事できそうです。
>腕があと2本あれば読書しながらでもいいかもなぁ。

ムッムッ冬眠スタンバイですか?(笑)
私も次に生まれ変わるときは千手観音希望です。

>「永遠の0」、ひそかにずっと気になってます。
>きたあかりさんの評価も高いしやっぱり読んでみようかなぁ。。。

『永遠の0』思った以上にヨカッタですよ。
旧軍隊の専門用語らしき言葉も出てきますが、さりげなく解説してあるので楽に読めると思います。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。