プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
09-02(金)

8月の書籍代


先週末、上高地に行ってきました。

屈指の人気スポットなので、変に観光地化されていたら

イヤだなぁ~と思いつつ、現地に着きましたが・・・・・・・・

まだ、日本にこんなところがあったのかぁ!!

という素晴らしさでした。 

どこがそんなに素晴らしいのかといえば、水です。

P1040259
P1040259 posted by (C)きたあかり

↑梓川の水


P1040249
P1040249 posted by (C)きたあかり

↑田代池 岩魚が泳いでました。


P1040227
P1040227 posted by (C)きたあかり

↑川に浮かぶ水鳥。 パーフェクトな透明度です。


というわけで8月の書籍代です。

11冊 240円

8月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3614ページ
ナイス数:73ナイス

林芙美子随筆集 (岩波文庫)林芙美子随筆集 (岩波文庫)
随筆というよりは、もっと身近なエッセイっていう感じの一冊。 最近の女性作家のエッセイと読み比べてみるのも面白いかもしれません。
読了日:08月28日 著者:林 芙美子
砂漠の悪魔砂漠の悪魔
ラスト近辺まで面白く読みましたが、このオチ唐突すぎるような‥。
読了日:08月26日 著者:近藤 史恵
文学2009 (文学選集)文学2009 (文学選集)
図書館で見つけた本 一年間文芸誌に発表された純文学系の作品を一冊にまとめたアンソロジー。 好みはあると思いますが、いずれの作品もそれなりにキレがあります。 
読了日:08月24日 著者:
戸村飯店青春100連発戸村飯店青春100連発
読了日:08月23日 著者:瀬尾 まいこ
半生の記 (新潮文庫)半生の記 (新潮文庫)
読了日:08月23日 著者:松本 清張
赤々煉恋 (創元推理文庫)赤々煉恋 (創元推理文庫)
朱川さんの黒はあまり好きではありませんが、この作品集はクオリティの高さで一線をかくしているように思います。小川洋子さんのグロ系が好きな方ならハマるのではないでしょうか。
読了日:08月17日 著者:朱川 湊人
昭和二十年夏、僕は兵士だった (角川文庫)昭和二十年夏、僕は兵士だった (角川文庫)
読了日:08月15日 著者:梯 久美子
同期同期
読了日:08月10日 著者:今野 敏
火花―北条民雄の生涯 (角川文庫)火花―北条民雄の生涯 (角川文庫)
北条民雄が川端康成に師事していたことは知っていましたが、これほど深い関係だとは知りませんでした。「いのちの初夜」でガツンとやられた方におススメ!!名著だと思います。
読了日:08月08日 著者:高山 文彦
下町ロケット下町ロケット
サクっと読んでサクっと元気になれる一冊です。 若干軽い気もしますが、細部まで読むとよく練られていることがわかります。 今期の直木賞に最もふさわしい作品だと思います。
読了日:08月03日 著者:池井戸 潤
血の冠血の冠
香納諒一さんは昭和の二時間サスペンスっぽいノリが好きで時々読んでいます。この作品も後半はかなり読ませるし、それなりに楽しめたんだけど、あの手垢がつきすぎたオチはちょっと興醒めでした。
読了日:08月01日 著者:香納 諒一

読書メーター



関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:8月の書籍代(09/02)

すごい!こんなに水がきれいだなんて~!
まだ日本にもあるんですね~☆

「下町ロケット」気になって図書館に予約入れてますが…
あと何ヶ月待つのか…そんな状況ですwwwf^^

 

くまさん555さん

>すごい!こんなに水がきれいだなんて~!
>まだ日本にもあるんですね~☆

ホントたまげました。 ここは自家用車が入れないのでバスで行くんだけど、苦労して行った甲斐がありました。

>「下町ロケット」気になって図書館に予約入れてますが…
>あと何ヶ月待つのか…そんな状況ですwwwf^^

本屋さんでも大量に平積みされています。 バカ売れしてるみたいです。 まぁ~本は逃げないので気楽に待ってみて下さい。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。