プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08-31(水)

「文学 2009」 日本文藝家協会編





2008年刊行の文芸誌発表作品から精選した、20篇の小説集。




<感想> ★★★★☆

本書は日本文藝家協会が編集して、講談社が毎年一冊出して

いるアンソロジーです。 編集委員は秋山駿、川村湊、島田雅彦

中沢けい、沼野充義
の各氏。


現在、芥川賞にノミネートされる作品のほとんどは五大文芸誌(新潮

・すばる・群像・文藝・文學界)
に掲載された作品です。 エンタメ系の

文芸誌もいくつか存在しますが、この五大誌は純文学を扱う雑誌と定

義することができます。 


私は廃刊になってしまった「海燕」を購読していましたが、正直言って

私のようなエンタメ系読者にとっては、ちょっと敷居が高かいように感

じていました。  ただ、私は吉本(よしもと)ばななさんと小川洋子さん

の存在をこの雑誌で知りました。 つまり、純文学系の文芸誌は手を

出しにくいんだけど、大当たりを引く確率も高いということです。


さて、09年版の本書は前年の08年に五大文芸誌に掲載された作品

を中心に20編がチョイスされています。 


約束(瀬戸内寂聴)/誰も映っていない(中原昌也)/草すべり(南木

佳士)/五月晴朗(原田康子)嫌な話(前田司郎)/あなたたちの恋

愛は瀕死(川上未映子)/満ちる部屋(谷崎由依)/地下鉄の窓(村松

真理)/寒九の滴(青山真治)/物語の完結(山崎ナオコーラ)/楽観

的な方のケース(岡田利規)/無頭鰯(横田創)指の上の深海(稲葉

真弓)
/北方交通(茅野有城子)/海千山千(伊藤比呂美)/電気馬

(津島佑子)/かけら(青山七恵)闇の梯子(角田光代)/宇宙の日

(柴崎友香)/廃疾をかかえて(西村賢太)  


ベテラン、今が旬の売れっ子作家。 他のアンソロジーでよく名前を見

かける作家もいれば、初めて名前を知った作家もいます。 私のお気

に入りは赤字で表記しましたが、その評価は読者百人百様でしょう。


このアンソロジーで、あなたの大当たり作家を見つけてください。


【送料無料】文学(2011)

【送料無料】文学(2011)
価格:3,465円(税込、送料別)


関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「文学 2009」 日本文藝家協会編(08/31)

良さそうな本ですね!
うっ!値段も良さそうなwwwf^^

ほんとに敷居の高そうな本ですが、普段手にとらない人の作品を読むって新鮮ですよね♪
大当たりの作家さんに出会えたらいいですよね~♪^^

 

くまさん555さん

>良さそうな本ですね!
>うっ!値段も良さそうなwwwf^^

ほい!もちろん図書館本です。
よほど純文学好きの方なら別ですが、このアンソロジーに3500円出すのは勇気がいります。(汗)

>ほんとに敷居の高そうな本ですが、普段手にとらない人の作品を読むって新鮮ですよね♪
>大当たりの作家さんに出会えたらいいですよね~♪^^

この本に限らず、ここ数年アンソロジーブームで文庫も数多く出ているのでおススメです。 

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。