プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07-31(日)

「更年期少女」 真梨幸子



池袋のフレンチレストランに集まったのは、往年の人気少女漫画「青い瞳のジャンヌ」をこよなく愛する「青い六人会」。無様に飾り立てた中年女性たちが、互いを怪しい名前で呼び合い少女漫画話と噂話をするだけの定例会だったはずが…。いつのまにやらメンバーの度重なる失踪、事故死、腐乱死体発見!ヒロインになりたい女たちの、暴走ミステリ。



<感想> ★★★★★

本書の著者である真梨幸子さんのブログを読むと、作家として生きて

いくことがどれだけ過酷なことなのかがわかります。 この作品はそん

な真梨さんの生活をいっぺんさせたといえるのではないかと思います。 

最近いくつかの作品も文庫化されて売れ行きもいいようです。 


さて、前段でも申し上げましたが本書の売れ行きは好調です。 売れ

てる本=万人向けという公式を当てはめるなら、真梨さんお得意のド

ロドロと読後感の悪さは薄まっているに違いない・・・と思っていました

がオオマチガイ。  このドロドロ感は真梨作品最強かもしれません。


この作品は、二本の柱で支えられています。 ひとつは伝説の少女漫

画のファンクラブに属している中年女性たちのリアルなドロドロ。 それ

を繰り広げるキャラクターはかなりぶっ飛んでいるようにも思えますが、

周りを見回せば、登場するキャラクター達に限りなく近い人物を見つけ

ることは不可能ではないはずです。 


また、彼女たちが抱え込んでいる爆弾のようなものを心の奥底に秘め

ている同世代の女性は多いのではないかと思います。 それを手なず

けながら日々を過ごすのもかなりしんどいだろうな・・・などと男の私は

感じました。 


もうひつとはミステリーの要素です。 基本的に真梨さんの仕掛けるミス

テリーは複雑すぎる傾向があります。 もちろんそれを否定するつもりは

ありませんが、独特のモヤモヤ感が残るのも事実です。 しかし、この作

品はわかりやすい仕掛けが用意されています。 端的に言うならとても

読みやすいミステリーです。  なんとなく予想のつくオチですが、それな

りに納得できます。


本書の売り上げに大きく貢献している装画は漫画家の松苗あけみさんが

手がけています。 三浦しをんさんのエッセイでもお馴染みの漫画家さん

です。  裏にも画があるんだけどこれがスゴいんですよ。 (笑)


社会人になった初給料で、子供のころ愛読していた少女漫画を全巻大人

買いしたバブル世代の女性の方。 なんかウチの奥さん最近荒れてるんだ

よね・・もしかして更年期ってやつ??
とお悩みの男性の方にも参考書籍と

して強くおススメいたします。




関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「更年期少女」 真梨幸子(07/31)

強くおすすめされるところにしっかりはまってるくまです♪^^

この本は、やっぱり題名とこの絵ですよね~♪
本屋さんでみて、そく図書館に予約を入れて読みましたから♪

この作家さんの本は、初めてだったので、読んでびっくり!
まさに…マンガおたくのおばちゃん…
自分をみてるようで…気持ち悪くてキツかったです(笑)
でも、私は彼女達のような付き合いが苦手だから
あんな風にはできないな~

裏表紙…すごいですよね…笑えないwwww^^

 

Re:「更年期少女」 真梨幸子(07/31)

え?わたしのこと?お年ごろのわたしにぴったりだったりして~。恐る恐る読んでみたいような、みたくないようなですね・・・

 

くまさん555さん

>強くおすすめされるところにしっかりはまってるくまです♪^^

>この本は、やっぱり題名とこの絵ですよね~♪
>本屋さんでみて、そく図書館に予約を入れて読みましたから♪

正直言ってメザトイ商売をする幻○舎はあまり好きではありませんでしたが、この装丁とタイトルにはやられました。 

>この作家さんの本は、初めてだったので、読んでびっくり!
>まさに…マンガおたくのおばちゃん…
>自分をみてるようで…気持ち悪くてキツかったです(笑)
>でも、私は彼女達のような付き合いが苦手だから
>あんな風にはできないな~

すべてがそうではないと思いますが、痛い部分を抽出してドロドロに煮込むとあんな感じになるのかなぁ~?かなり作為的な気もするんだけど、あえてそれを描いちゃう真梨さんはすごいと思います。 

>裏表紙…すごいですよね…笑えないwwww^^

いやはや(笑)あれは読者を試めしているんだと思います。

 

さとうみみさん

>え?わたしのこと?お年ごろのわたしにぴったりだったりして~。恐る恐る読んでみたいような、みたくないようなですね・・・

川上弘美さんの『これでよろしくて?』に毒リンゴとトカゲの尻尾を加えて三日煮込んだ感じでした。 (笑)

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。