プロフィール

きたあかり

Author:きたあかり
文芸書中心の読書日記です。
読書傾向はフリーエリアの円グラフを見てください。 サイトのご案内

フリーエリア
ひとこと掲示板
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07-17(日)

「コクリコ坂から」 観てきました。


昨夜、スタジオジブリの最新作『コクリコ坂から』を観てきました。

公開初日で混んでいるだろうと思いレイトショーに行ったわけですが、

館内はスカスカ。 ちょっと肩透かしをくらった感じでした。






東京オリンピック直前の横浜が舞台の本作は高校二年生の女の

子が主人公です。 母親に代わって下宿屋を切盛りする主人公

の日常や高校生活。 淡い恋が語られていきます。 正直言って

ストーリーはかなり淡々としています。 ジブリ作品なので、小さい

子供さんもご覧になると思いますが、恐らく退屈と感じてしまうはず

です。                     

単にストーリーだけを追うのであれば、この物語に共感できるのは、

主人公たちと同じ団塊世代の方だけということになってしまいます。 


『コクリコ坂から』あらすじ・公式サイト


それを踏まえて、この作品の優れた点をあげるとするならアニメーシ

ョンで再現されている高度成長期の日本の姿と、その時代を生きて

いる人たちに対するオマージュということになるかもしれません。 

ただ、こめられたオマージュは単なるノスタルジーではないような気

がします。  


小説で言うなら行間ということになると思いますが、断片的に繋ぎあわ

された街の光景や、登場人物がなにげなく交わす言葉のやりとりの中

に、自分に向けられた「なにか」を見つけることができれば、ラストに流

れる曲が胸に沁みてくるのではないかと思います。

もう一回見たら泣いちゃいそうな気がします。(たぶん)





余談ですが、主人公の父親が乗っていたLSTについては

梁石日さんが『海に沈む太陽』で詳しく書いています。 

どのような船でどのような人達が乗っていたのか? 本筋で

は触れられていませんが、キーワードのひとつになるかも

しれません。 


映画「コクリコ坂から」公式サイト

関連記事
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


 

Re:「コクリコ坂から」 観てきました。(07/17)

ジブリのこの系は、難しいですねf^^
私は、王道の冒険モノが好きなので
「天空の城 ラピュタ」ですね~
もしくは、「未来少年 コナン」(古いっ)
いろんなメッセージは込められていても
それを全面に出さないで、少年少女の希望を全面に出してる方が好きですわ♪
それに…やっぱりハラハラドキドキが物語のツボです♪^^

 

くまさん555さん

こんにちはぁ~♪

>ジブリのこの系は、難しいですねf^^

小説で読んだり、漫画で読んだりすると優れているとは思うんですが、ジブリ映画の大風呂敷を広げられると反応は人それぞれかもしれません。

>私は、王道の冒険モノが好きなので
>「天空の城 ラピュタ」ですね~
>もしくは、「未来少年 コナン」(古いっ)
>いろんなメッセージは込められていても
>それを全面に出さないで、少年少女の希望を全面に出してる方が好きですわ♪
>それに…やっぱりハラハラドキドキが物語のツボです♪^^

私もすべて観ているわけではありませんが、『天空の城 ラピュタ』が一番好きです。 映画館で観たんだけど、あの迫力には口あんぐりでした。

宮崎アニメってブランドが確立したのって大人になってからですが、子供のころやっていたアニメって大半が宮崎アニメだったりしますよね。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。